税理士ドットコム - [確定申告]仮想通貨で600万儲けた場合の税金 - 税金の計算は、以下の様になります。1.給与所得収...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 仮想通貨で600万儲けた場合の税金

仮想通貨で600万儲けた場合の税金

正社員で年収600万ほどあり今年仮想通貨で約600万程の儲けがあります。
この場合、税金はいくらくらいかかるのでしょうか?詳しい計算式も教えていただけると助かります。因みに妻と子供1人います。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

税金の計算は、以下の様になります。
1.給与所得
収入金額600万円-給与所得控除額164万円=給与所得金額436万円
2.雑所得(仮想通貨)
収入金額-(取得費+経費)=雑所得金額600万円
3.1+2=合計所得金額1036万円
4.所得税
1036万円-配偶者控除額38万円-基礎控除額48万円=課税所得金額950万円
950万円x33%-1,536,000円=1,599,000円
5.住民税額
1036万円-配偶者控除額33万円-基礎控除額43万円=課税所得金額960万円
960万円x10%=960,000円
なお、その他の所得控除額は分からないため計算には含めていません。

住民税は仮想通貨の利益の600万の10%ではないのでしょうか?
住宅ローン控除も関係ありますでしょうか?

住民税額の計算は、所得税と同様に合計所得金額で計算されます。なお、住宅ローン控除は、所得税額から控除されます。

給与所得の住民税は会社で納めているのに2重で住民税納めなければいけないということでしょうか?
他にどんな所得控除があるのでしょうか?
生命保険とかのことでしょうか?

住民税を2重に納付することはないです。具体的には、確定申告の時に副業の住民税の納付を自分で納付(普通徴収)を選択します。仮想通貨分の住民税は普通徴収になりご自宅に納税通知書が送付されます。給与所得の住民税については通常通り特別徴収になります。また、所得控除については、生命保険料控除、地震保険控除、社会保険料控除(給与から天引分)などがあります。

住民税960000万のうち会社側で何%、自分で何%の認識であってますでしょうか?

相談者様のご認識の通りになります。

ご回答ありがとうございます。
ちなみになんですが、この場合ふるさと納税をやる場合どれくらいの金額までかのうなのでしょうか?

ふるさと納税限度額は、以下の控除限度額に算式により、以下の様になると思います。
(合計所得割額960,000円x20%)/(100%-10%-(所得税率33%x復興税率1.021%))+2,000円=限度額342,987円

ご回答ありがとうございます。
何度も質問申し訳ありません。
所得税の¥1,599,000も住民税と同じく会社で何% 自分で何%であってますでしょうか?

相談者様のご理解の通りになります。所得税については、合計の1,599,000円から給与所得から徴収された所得税額を引いた金額が雑所得の所得税額になります。

本投稿は、2021年11月25日 20時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
74,198
直近30日 相談数
1,537
直近30日 税理士回答数
2,476