確定申告のためのレシート・領収書について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告のためのレシート・領収書について

確定申告

 投稿

確定申告のためのレシート・領収書について

バイトをしながら、個人でハンドメイド商品を販売しています(事業登録はしていません)。
昨年末から始めたばかりで、売上は月に1万円程です。
確定申告のために、レシートや領収書を保存しておかなければならないことを知らず…
今までの分は、全て捨ててしまいました。
このような場合、今までの分は経費ゼロという扱いになりますか?

その場合、これから作る物は。
今までに購入した材料等は使わず、新たに購入した物を使用した方が良いですか?

初歩的な質問で申し訳ありません。
ご回答宜しくお願い致します。

税理士の回答

領収書等は保存する義務があります。
本来は領収書等がないと認められません。しかし、紛失した場合、
まずは再発行できるかどうか確認してください。
再発行できなかった場合は、出金伝票を作成し、預金通帳や残された書類等でできる限り支払った事実を補完しましょう。
使った金額がどれだけあったかを確認する意味でも、面倒ですが、この作業をお勧めします。
分かった金額を経費に算入したらどうでしょうか。

今まで購入した材料費は、本来経費に算入できるものを、紛失したというだけなので、使用しても問題ないです。

早々のご回答ありがとうございます。
続けて、質問させて下さい。
材料はほとんどネット(クレジット払い)で購入しているのですが、再発行は難しいようでした。
購入した件数は30件程あります。
・全て出勤伝票でも大丈夫なのでしょうか?
・購入履歴画面(注文日・利用店舗・商品名・金額の記載あり)をプリントしておいた方が良いですか?

クレジット払いの利用明細書を説明資料として保管してください。それと購入履歴はプリントしてあれば、充分に証明できると考えられます。
出金伝票だけでなく、帳面の記帳は必要です。

お忙しい中、回答ありがとうございました。

本投稿は、2017年06月18日 10時17分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
14,261
直近30日 相談数
784
直近30日 税理士回答数
2,520

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら