税理士ドットコム - [贈与税]生活費などを親から入れてもらった場合の税金 - (詳細は分かりかねますので、簡潔に回答をさせて...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 生活費などを親から入れてもらった場合の税金

贈与税

 投稿

生活費などを親から入れてもらった場合の税金

親から生活費などを入れてもらった場合、所得税や市県民税や贈与税は課税されますか?ちなみに私は精神障害者3級です。

1年間で入れてもらった金額は、約92万ほどです。

税理士の回答

(詳細は分かりかねますので、簡潔に回答をさせていただきます。ご了承願います。)
 親子等の扶養義務者から生活費等に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるものには、贈与税はかかりません。
 なお生活費とは、通常の日常生活に必要な費用をいいます。なお、贈与税がかからない財産は、生活費等として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。
 ご参考願います。
 以上、宜しくお願い致します。

ありがとうございます。ちなみに所得税や市県民税はかかりますか?

所得税や市県民税はかかりません。

かかるとすれば贈与税ですが、親御様からの生活費の援助は贈与税は非課税です。

ただし、使い切らなかった金額については生活費とみなされず、課税される場合があります。
例えば、親が子の銀行口座に、子の生活費として500万円振り込んで、一年後に400万円残っていたら、この400万円は生活費とみなされずに、贈与税の課税対象になる場合があります。

ご相談者様のケースは、社会通念上、生活費を上回るほどの額ではありませんし、実は、贈与税には年110万円の基礎控除があり、一人が一年間に貰う金額が、年110万円までなら、仮に生活費でなくとも、課税されないのです。

従って、ご相談者様のケースでは、税負担を心配される必要は一切ございませんので、ご安心ください。

また、今後、親御様からの生活費援助が増える事があっても、ほぼ使い切るか、または、使い切らなかった額が年110万円以下であれば、課税関係は生じません。

親子の扶養義務があるので、通常の生活費程度の援助の場合は、すべての税金はかかりません。

ご説明ありがとうございます!解決しました。

本投稿は、2018年05月16日 18時33分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,502
直近30日 相談数
855
直近30日 税理士回答数
1,370

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら