税理士ドットコム - [贈与税]子の借金を親のお金で完済する場合 - ご質問のケースでは贈与税は課税されると思われま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 子の借金を親のお金で完済する場合

子の借金を親のお金で完済する場合

■子が銀行や消費者金融から数百万の借金を作り返済不能に陥った為、親のお金を(譲り受け)完済した場合、贈与税はかかりますか?

■親のお金は口座から出したものでなく家に保管してあるものを使うとします。

■子は現在無職で財産も貯金もありません。車は安い中古車で、売却しても値段が付かないものです(これらについて証明が必要な場合は、どうやって証明するのでしょうか?またそのタイミングはいつ?)

■借金の完済があった場合、税務署などにその情報が入る可能性は?そしてそのお金の出処が不明だった場合に調査を入れたりするのでしょうか?

全く知識がない為このように無知な長文質問をさせて頂くことをお詫びします。

回答いただければ嬉しいです。

税理士の回答

ご質問のケースでは贈与税は課税されると思われますが、
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4420.htm
こちらのサイトにあるとおり、お子さんにお金を貸した場合は贈与税がかかりません。
「真に金銭の貸借であると認められる場合」に限られますので、契約書を結び、お子さんから返済してもらえば問題ないと考えます。

早速のご回答誠にありがとうございます。貸すのではなく、全額譲り渡したいのです。

↓下記の説明がこちらのサイトにあったのですが、私達の場合は当てはまらないという事になるんでしょうか?理解力がなく、再度の質問になってしまい申し訳ありません。

【たとえば、300万円の借金を抱え債務の弁済が困難な状況に陥っている大学生の子どもに、扶養義務者である親が500万円を渡した場合、その債務を弁済するための300万円については、贈与により取得したものとはみなされません。残りの200万円に対して贈与が成立します。

つまり、譲り受けた人が無資力で債務の弁済ができない場合に、扶養義務者から譲り受けた財産の弁済にあてる部分については、贈与税がかからないということです。】

「無資力で債務の弁済ができない」ということが客観的に納得できる状態であれば、贈与税が免除される可能性はあると思われます。借金の金額やお子さんの就労の可否など、総合して判断されるのがよろしいかと考えます。

ありがとうございます。税理士の方に直接ご回答頂けて良かったです。家族できちんと話し合い、判断しようと思います。

本投稿は、2019年04月18日 20時29分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,325
直近30日 相談数
985
直近30日 税理士回答数
1,860