夫の死後に隠し子が発覚! 遺産相続の分配はどうなるの? - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075863695

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続財産のハウツー
  5. 夫の死後に隠し子が発覚! 遺産相続の分配はどうなるの?

夫の死後に隠し子が発覚! 遺産相続の分配はどうなるの?

大切な家族が亡くなることはとても悲しいことですが、相続という現実はときとして残酷な現実を残された家族につきつけることがあります。その一つが「隠し子」に関する問題です。

隠し子なんてテレビドラマの中の話のように感じるかもしれませんが、死亡と同時に隠し子が発覚することは、実はそこまで珍しくはありません。万が一、夫の死後に隠し子がいることが発覚した場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

今回は、被相続人に「隠し子」がいることが分かった場合の対処法について解説します。

目次

なぜ相続が発生すると「隠し子」が発覚するのか?

相続が発生して、まずしなければならないことは「相続人の確定」です。そして相続人を確定させるためには、被相続人の死亡から出生までの戸籍謄本などをすべて取得して、一つずつ確認をしなければなりません。

この際に万が一、被相続人に隠し子がいた場合、戸籍を取得すると「身分事項」の欄に「認知」という記載があります。一般的に言う隠し子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた「認知」された子供のことを言います。

このように、遺産相続が発生すると被相続人の戸籍をすべて取得するため、生前に子供を認知していると、たとえ本人が秘密にしたまま死亡したとしても、すべてバレてしまうのです。

隠し子も相続人になる?

被相続人の子供で相続人となるのは、簡単に言うと次の2つのパターンのいずれかです。

  • 婚姻関係にある男女間に生まれた子供:嫡出子
  • 婚姻関係にない男女間に生まれたが、その後「認知」された子供:非嫡出子

ですから、たとえ本当は被相続人の子供だとしても「認知」されていなければ相続人になることはできません。

以前は嫡出子と非嫡出子では、嫡出子の方が相続において手厚く保護されていました。そのため、相続分についても非嫡出子は嫡出子の半分の相続分しか認められていませんでした。(民法900条4号ただし書前半部分)

ところが平成25年12月5日に民法の一部が改正され、民法900条4号ただし書前半部分が削除されたため、現在は嫡出子と非嫡出子の相続分は同じになっています。

死亡と同時に認知する「遺言認知」とは?

ちなみに、生前自分の隠し子が家族にバレることを恐れて、認知をしていないケースもよくあります。認知がされていなければ、当然戸籍にも記載されません。

そのような場合は「遺言認知」という手法が使われることがあります。遺言書に隠し子を認知する旨を書いておくことで、相続発生後に遺言執行者が役所に届出て認知が成立します。

ですので、たとえ戸籍に認知の記載がなかったとしても、遺言書に隠し子の認知が記載されていれば、死亡時にさかのぼって認知が成立することになるため注意が必要です。

「隠し子」への遺産相続の割合はどれくらい?

隠し子がいた場合の遺産相続の割合をシミュレーションしてみます。

被相続人の妻と非嫡出子である隠し子の2名が相続人で、相続財産が1,000万円だった場合のお互いの相続分は以下となります。

  • 妻:1/2  500万円
  • 隠し子:1/2  500万円

妻と隠し子の法定相続分はまったく同じになります。

もし仮に妻と被相続人の間にも子供がいた場合は次のようになります。

  • 妻:1/2 500万円
  • 実子:1/4  250万円
  • 隠し子:1/4  250万円

このように、隠し子がいることで、妻の相続分はもちろんのこと、実の子供の相続分も減ることとなります。

仮に、遺言書で妻や実子に相続させるよう記載があったとしても、隠し子には法定相続分の1/2の遺留分(民法で保護されている最低限の取り分)があるため、まったく遺産を渡さないとすることは非常に厳しいでしょう。

夫の死後、住み慣れた家に住み続けるために

また、現金だけならまだしも、被相続人名義の家に妻や実子が住んでいる場合、隠し子にもその家の所有権の一定割合を渡さなければならなくなる可能性もあるため、非常に面倒な問題に発展する恐れがあります。

場合によっては、住み慣れた家を手放すこともあるかもしれません。夫が隠し子の存在を生前に打ち明けてくれなければ、隠し子がいることを前提にした対策を講じることは非常に難しくなります。

そんな中できることとして、夫の生前に自宅を妻に贈与しておくという方法があります。平均寿命から言っても、男性よりも女性の方が長生きする可能性が高いことが予想されます。夫が高齢になったら、もしものことが起こる前に、夫から自宅を贈与されていれば、隠し子がいたとしても、自宅をとられる心配がなくなります。

居住用不動産贈与の配偶者控除

妻に自宅を生前贈与する際には、「居住用不動産贈与の配偶者控除」が利用できます。

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭を贈与すると、贈与税の基礎控除110万円とは別に、最高2,000万円まで控除が受けられます。

おわりに

今回は、被相続人の隠し子が発覚した場合の対処法について解説してきました。認知されている隠し子は、非嫡出子と呼ばれ、実子と何ら変わらない相続分や遺留分を有しています。

万が一、夫の戸籍や遺言書に「認知」について記載されていた場合は、トラブルを未然に防ぐためにも、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

相続財産に関する税務相談Q&Aをみる

  • 相続税の税務相談

    今現在、相続が発生しています。 私は、嫁いで実家を出ているのですが、実家の母が相続の話を持ち出してきて、「税務相談に行く」と言っていました。 母が言うには、まだ...
    税理士回答数:  1
    2019年09月14日 投稿
  • 家庭用財産の考え方と切手の評価について

    はじめまして、よろしくお願い致します。 相続税申告書の作成を進めておりますが、以下の財産の価額につき、ご質問させていただきます。 1. 母親が相続する実家に...
    税理士回答数:  2
    2019年09月10日 投稿
  • 家を相続した後の税金に関して教えてください。

    20数年前に父が亡くなり、母は実家に1人で暮らしています。 私は長女で妹がいます。実家は父の名義のままになっています。 母が高齢になり今後は家を処分して施設に入...
    税理士回答数:  1
    2019年09月09日 投稿
  • 遺書に基づく遺産相続及び相続放棄について

    父が主な財産である土地を後継である長男に相続させたい為、長男以外の子供に生前贈与を渡し遺産相続分の指定を遺書として残しています。 親から生前贈与を受けているので...
    税理士回答数:  1
    2019年09月08日 投稿
  • 保険金受け取り

    妹が亡くなりまして死亡保険金を受け取りました。 契約者妹、被保険者妹、受取人私と言う契約内容です。 両親は死別。妹には旦那も子供もいません。 この場合に掛かる税...
    税理士回答数:  2
    2019年09月06日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応