お葬式が終わったら、相続の前にやらなければならない3つの手続き - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続財産のハウツー
  5. お葬式が終わったら、相続の前にやらなければならない3つの手続き

お葬式が終わったら、相続の前にやらなければならない3つの手続き

大切な家族が亡くなったとき、お通夜、告別式、火葬埋葬などについては、葬儀会社がサポートしてくれますので、さほど困ることはないでしょう。

ただ、それ以外の諸手続きについては、遺族が自発的に行う必要がありますので、どのような手続きがあるのか、もれなくおさえておかなければなりません。

今回は、遺産相続の手続きの前にまずやるべき、3つの諸手続きについて解説します。

目次

ポイントは「名義変更」「返却」そして「請求」の3つ

人が亡くなった場合、やらなければならない事務手続きを系統別に分類すると、次のようになります。

  • 名義変更:被相続人の名義になっている各種契約関係を、親族の名義に変更する必要があります。
  • 返却:被相続人が使用していた各種証明書関係については、死亡とともに返却しなければなりません。
  • 請求:被相続人が亡くなったことで、遺族が請求できる給付があります。

これら3つの手続きについては、しばらくの間放置していても、誰からも指摘されない可能性があり、やらなければならないこと自体気がつかないケースもありますので注意が必要です。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

「名義変更」にも2つの種類がある

相続に伴う名義変更手続きには、大きく分けて2つの種類があります。

  • 葬儀後にする名義変更手続き:お葬式が終わった段階で、必ず発生してくる名義変更手続きで、相続人同士で話し合う必要がなく、事務処理的な意味合いで行われる名義変更を言います。
  • 遺産分割協議後にする名義変更手続き:遺産分割協議によって確定した相続人の名前に、それぞれの財産の名義を変更していきます。財産価値のあるものを名義変更するため、遺産分割協議が終わらないと、名義変更手続きもできません。

今回取り上げたいのは、相続の手続きとは関係なく、必ずやらなければならない「葬儀後にする名義変更手続き」です。以下のようなものがあります。

世帯主の変更

世帯主の方が亡くなった場合は、次の世帯主を誰にするか決めて「死後14日以内」に変更の手続きをする必要があります。

なお、夫と妻の二人暮しで世帯主である夫が死亡した場合は、夫の死亡届を出すだけで自動的に世帯主が妻に変更されますので、あらためて世帯主の変更手続きをする必要ありません。

公共料金の変更

電気、ガス、水道などの名義が亡くなった方のままになっている場合は、速やかに連絡をして名義を変更する必要があります。

口座引き落としにしている場合は、口座が凍結されてしまい引き落としができなくなるため、できる限り早めに変更しましょう。

賃貸借契約の変更

住んでいる住居が賃貸物件の場合、賃貸借契約の名義も変更する必要があります。なお、賃借権も相続の対象ですので、契約者本人が死亡したからといって、いきなり追い出されることはありません。

相続人が賃借人としての地位を相続して、引き続き住み続けることができます。 まずは、大家さんか管理会社へ連絡しましょう。

忘れがちな「返却」手続き

お葬式の段取りなどでバタバタしていると、忘れがちになるのが「返却」の手続きです。家族が亡くなった際、役所などに返却が必要になるものは、下記のように多岐にわたります。

健康保険証・高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳の返却

地域の役所が返却の窓口となります。なお、亡くなった方が健康保険に加入していた場合、死亡によって扶養されていた家族にも手続きが必要になります。具体的には、死亡の日の翌日から被扶養者としての資格がなくなります。

被扶養者だった人は、「死亡の日の翌日から14日以内」に国民健康保険の加入手続きをすることを忘れないでください。

運転免許証の返却

警察署に返却します。その際、死亡診断書、戸籍謄本写し、印鑑などが必要になります。期限はありませんが、できる限り早めに返却しましょう。

パスポートの返却

最寄りのパスポート申請窓口に届け出ます。もしも外国にいる場合は、在外公館が窓口となります。

公的年金や医療費の給付「請求」も忘れずに

家族が亡くなった際には、年金の受給停止手続きが必要なことは、ご存知の方も多いのですが、未支給の年金を請求することも忘れてはいけません。年金は死亡した月の分まで受け取ることができます。

ただ、最後の年金については本人がすでに死亡しているため、本人が受け取ることができません。そこで、遺族から請求することで、故人の年金を受け取ることができます。これを「未支給年金」といい、故人と生計を一にしていた遺族が請求できます。通常は、年金の受給停止と一緒に申請をします。

また、国民年金に加入していた場合、遺族は遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のいずれかを受給することができます。

この他にも、健康保険に加入していた場合、葬儀費用や埋葬料などの給付を請求することができます。支給される金額は、国民健康保険であれば市区町村によって、健康保険であれば健康保険組合や勤務先によって異なりますので、直接問い合わせて確認すると良いでしょう。

おわりに

このように遺産分割協議を始める前にも、様々な手続きをする必要があります。相続のことばかりに気をとられると、これらのことをうっかり忘れてしまうかもしれません。できれば、遺産相続に関する手続きは専門家である税理士などに任せて、ご遺族の方については、これらの事務手続きを確実にこなすことをおすすめします。

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

相続財産に関する税務相談Q&Aをみる

  • 遺留分の損害を教えてください

    遺留分についての質問です。 父の相続において、父が生前時(10年位前)に姉に対し多額の贈与をしていたことがわかりました。それ以外にも何度もあったみたいです。 贈...
    税理士回答数:  1
    2019年03月21日 投稿
  • 個人で喫茶店経営していた父親が死亡

    去年の11月に喫茶店経営していた父親が死亡。店は廃棄したのですが、借りていた店舗物件を元の状態にするのにかかった費用や明け渡しまでに発生した家賃等の費用は、相続...
    税理士回答数:  1
    2019年03月20日 投稿
  • 株贈与契約書において捨因は必要なのか。

    株式の贈与契約書において、捨印のあるものを税理士の先生が必要とする意図についてお伺いします。 会社の株式の贈与契約書を税理士の先生に作成して貰いましたが、契約...
    税理士回答数:  1
    2019年03月17日 投稿
  • 入院保険

    府民共済に加入していました。 母が、亡くなって、死亡保険金と入院保険金が、合算で、父の口座に振り込まれました。少し還付金みたいなのも含まれてます。保険金の支払...
    税理士回答数:  1
    2019年03月13日 投稿
  • 相続税

    母が、亡くなったのですが、亡くなる前に父名義で、車を購入しました。 母は、免許を持っていません。 この車は、母の相談財産になるのでしょうか? 後、国民健康保険か...
    税理士回答数:  1
    2019年03月13日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応