代襲相続とは?甥や姪が相続人となるケースや注意点を解説 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

05075866978

  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続財産のハウツー
  5. 「代襲相続」で甥や姪が遺産の相続人に?そのケースとは

「代襲相続」で甥や姪が遺産の相続人に?そのケースとは

著者: 棚田 健大郎 行政書士・ファイナンシャルプランナー・相続アドバイザー

遺産相続というと、亡くなられた人の配偶者やその子どもが相続するのが一般的です。しかし、場合によっては甥や姪が相続人となることもあります。

人によっては兄弟姉妹の家族とはほとんど付き合いがないかもしれませんが、民法上、条件が揃えば甥や姪に財産が渡ります。それはどのような場合になるのか、この記事で解説していきます。

目次

相続人の優先順位はどうなっている?

相続において、遺産を残す人を「被相続人」、遺産を相続する権利がある人を「相続人」といいます。

相続人になれる人には優先順位があり、優先順位の高い相続人が存命である限り、それ以下の順位の人は相続人にはなりません。

まず配偶者については常に相続人となります。これを配偶者相続人といい、欠格または廃除により相続権を失っていなければ、必ず財産の1/2〜3/4を相続できます。

残りの相続人は次の優先順位で決まります。

第一順位:子ども
第二順位:父母・祖父母(直系尊属)
第三順位:兄弟姉妹

これらの相続人を血族相続人といいます。 優先順位だけみると、被相続人から見ていちばん遠い相続人となり得るのは、第三順位の兄弟姉妹です。

ところが、実際はこの兄弟姉妹の子ども、つまり甥や姪でも相続人となる可能性があります。次からは各順位についてもう少し詳しく解説していきます。

第一順位:子ども

たとえば、第一順位の子どもがすでに亡くなっていたとします。

順当にいけば第二順位である父母・祖父母に相続権が移ることになりますが、亡くなった第一順位の子どもに子どもがいた場合、つまり被相続人から見て孫がいる場合、その孫が第一順位の相続人となるのです。さらに、孫もすでに亡くなっていて、被相続人のひ孫にあたる子どもがいる場合は、そのひ孫が相続人となります。

このように、相続人となるべき人がすでに亡くなっているなどで相続権が無く、その子どもが代わって相続人となる仕組みのことを「代襲相続」といいます。この代襲相続は生きている子どもがいる限り何代でも続き、これを「再代襲」といいます。

誰も代襲相続人がいなくなったときに、そこでやっと第二順位の父母・祖父母に相続権が移るのです。

第二順位:父母・祖父母(直系尊属)

直系尊属」とはすなわち、被相続人から見た父母・祖父母のことを指します。 第一順位の相続人がいないとき、第二順位である父母のいずれかが存命であれば相続人となり、両方亡くなっている場合は祖父母のいずれかが存命であれば、その人が相続人となります。

先に説明した代襲相続は直系尊属においては条件外となるため、父母に代わって祖父母が相続人となったとしても、その場合は代襲相続とは言いません。あくまでいちばんに父母に相続権があり、いなければ祖父母になるというだけです。

第三順位:兄弟姉妹

さて、第一順位も第二順位もいないとなると、最後に第三順位の兄弟姉妹に相続権が移動してきます。このとき、兄弟姉妹もすでに亡くなっていた場合、第一順位のときと同じように代襲相続が発生します。つまり、兄弟姉妹の子ども、すなわち甥や姪が相続人となるのです。

甥・姪が相続人となるケースとは

ここまでで説明したように、代襲相続によって相続権が第三順位まで移ってきた場合において兄弟姉妹が亡くなっていると、甥や姪でも相続人となる可能性が出てくるのです。ただし、第一順位で起こる代襲相続とは決定的な違いがあります。

それは、第三順位の場合、代襲相続は一代のみ という点です。

第一順位での相続は、生きている世代がいる限り何代でも再代襲ができるのですが、第三順位の兄弟姉妹の場合はその子どもである甥・姪が代襲相続することはあっても、そのさらに子どもの世代において再代襲は発生しません。

そもそも自分の甥や姪の子どもと面識があるという人は少ないと思います。そんな疎遠な親族にまで相続させるのはちょっと違和感があります。 そのため、第三順位まで相続権が移動してきても再代襲できるのは甥や姪までで、それ以下の世代には相続権は及ばないのです。

逆に叔父・叔母が相続人となるケースはある?

ここでちょっと気になるのが逆のパターンです。すなわち、甥・姪が亡くなったときに、叔父や叔母が相続人になる可能性はあるのか、ということです。

結論から言うと、叔父や叔母が相続人となることはありません。なぜなら先に説明した優先順位を見ると、どういうパターンでも叔父や叔母まで相続権が移ることはないからです。

よって、被相続人の甥や姪が相続人となることはあっても、甥や姪が亡くなった際に叔父や叔母が相続人となることはありません。

兄弟姉妹や甥・姪は相続税が二割増

第三順位まで相続権が移ってきた場合、相続税の計算に注意しなければなりません。

相続税には「二割加算」という制度があり、被相続人の配偶者や父母、子どもである一親等の血族、代襲相続した孫以外の人が相続する場合、相続税額が二割増しとなります。よって、兄弟姉妹や代襲相続した甥・姪については、相続税の負担が通常よりも多くなってしまうのです。

この二割加算については、たとえば遺言書によって友人・知人や内縁の妻、愛人などが遺産の相続人になった場合についても対象となります。

おわりに

相続する財産は、預貯金や生命保険金などの「プラスの財産」だけではなく、借金などの「マイナスの財産」もあります。さらに、相続した財産によって、通常より二割加算された相続税を納付する義務が発生することもあります。

ですので、叔父や叔母が亡くなったときには甥・姪である自分が相続人となる可能性がある、ということを覚えておくとよいでしょう。

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

相続財産に関する税務相談Q&Aをみる

  • 遺産分割協議書について

    相続人が2人で不動産・保険・株については換価分割にしようと話合いで決めました。 揉めてもいないので、保険の1つは「分割協議書は作っていません」と保険会社に伝え、...
    税理士回答数:  2
    2020年04月03日 投稿
  • 相続財産としてのエアコン

    一軒家で1年3か月前に設置したエアコンの記載方法を教えて下さい。 30年弱近く利用したエアコンが故障したため、3機交換しました。合計36万でした。 耐用年数は6...
    税理士回答数:  1
    2020年04月02日 投稿
  • 信託終了事の信託不動産の「所有権移転及び信託登記抹消」手続きについて

    伯母と義理の甥である私とで締結した信託契約は、当事者が委託者兼受益者が伯母、受託者が私というものです、伯母が亡くなったら信託は終了する想定で、帰属権利者は私にな...
    税理士回答数:  1
    2020年03月31日 投稿
  • 相続について

    先日、生涯独身だった父方の伯母が亡くなりました。公正証書遺言が残されており、銀行預金4000万円とマンション(2600万円相当)を私の両親に半分ずつ譲るとの内容...
    税理士回答数:  2
    2020年03月28日 投稿
  • 自動車の遺産相続について

    2008年に父の名義で新車を購入しました。 先日、その父が亡くなり、自動車が遺産相続に含まれると聞きました。 ですが新車を買った時、購入資金全額を出したのは娘の...
    税理士回答数:  1
    2020年03月28日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応