[相続財産]土地売買に関して - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 土地売買に関して

相続財産

 投稿

土地売買に関して

借地に父名義の家に住んでいます。
建て替えを検討中で、現在の借地を購入しようかと考えています。

土地名義の方と遠い親戚にあたる代理の方に購入の相談をしたところ土地名義の方が
数十年前にすでに亡くなっているらしく、自分達も売るのは構わないんだけど、連絡もとれずどうなっているのか全く分からない。と言われました。

何をどうすればいいのか、誰に相談すればいいのか全く分からず、途方に暮れています。
知識もなく右も左も分からない私に何かお知恵があれば、教えていただけないでしょうか。

税理士の回答

先代名義のままとなっている不動産の売買をするにあたっては、まずは先方で相続登記を行って頂く必要があります。
相続登記にあたっては、
①相続人が誰なのかの調査
②相続人全員で遺産分割協議書
③不動産の相続登記
という流れになります。
その後(もしくは並行して)、その不動産を取得された相続人との間で売買契約を行う、という形です。
不動産の相続登記については司法書士の方で対応しておりますので、亡くなられた方の相続人の内、どなたかに司法書士へ相談してもらえるようご依頼頂ければと思います。

本投稿は、2018年11月08日 17時06分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,605
直近30日 相談数
979
直近30日 税理士回答数
1,568