税理士ドットコム - [事業承継]純粋持株会社と事業会社の株式交換における事業継続要件 - 過去5年以上継続所有されていますか?であれば、...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 事業承継
  4. 純粋持株会社と事業会社の株式交換における事業継続要件

事業承継

 投稿

純粋持株会社と事業会社の株式交換における事業継続要件

事業会社Aの株主に純粋持株会社Bがあります。
Aの株主には、上記以外に社長、役員(親族以外)がおり、株式交換により、AをBの100%子会社にしようと考えております。
この場合、親族以外の役員が株主であり、「50%超の支配関係」であり、事業継続要件を満たす必要があると税理士に言われました。
Bは事業がありません。事業継続とは、事業会社Aのみで良いのでしょうか。

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

過去5年以上継続所有されていますか?であれば、基本的に50%超なので、実害はなさそうですが。

繰越欠損等はありませんか。含み損益等の状況はいかがでしょうか?
これら含めて適格、非適格での検討となりますが、基本的には5年、50%超であれば。
ただ、落とし穴があるでしょうから、税理士にとっても負担感の重い、こわさの残る処理ではあります。

本投稿は、2018年07月12日 12時39分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 持株会社と事業会社の合併について

    先代が作った持株会社があります。資産は事業会社の株式だけで、事業収入はありません。 持株会社の株主は私が100%で、その子会社(事業会社)の株主は、私と持株会...
    税理士回答数:  5
    2018年06月20日 投稿
  • 役員報酬・給与賃金を【継続して】0円にすることについて

    社員1名(代表社員のみ)の新設合同会社の決算において、役員報酬・給与賃金を継続して0にすることは問題ありますか。 【役員報酬・給与賃金を0とする背景】 ...
    税理士回答数:  1
    2015年10月17日 投稿
  • 新事業承継税制について

    事業承継税制(贈与)の特例措置の適用を受けるために調べております。 原則制度では、後継者が現経営者から贈与を受けなければならない株数は、その態様によって、全部...
    税理士回答数:  3
    2018年06月06日 投稿
  • 事業承継について

    代表取締役社長から平取締役(会長)に移行し、退職金を受け取りたい場合の条件等についてのお尋ねです。 ①会長になる場合、現在報酬の何%以上減額等の制限はあり...
    税理士回答数:  1
    2017年12月13日 投稿
  • サラリーマンを継続して個人事業を場合の注意点

    サラリーマンとして働きつつ、内外装工事のコンサルタントとしての副業をしております。 副業の収入に関して、昨年までは年間で30万程度でしたので個人名での領収...
    税理士回答数:  1
    2014年07月28日 投稿
累計 相談数
16,680
直近30日 相談数
815
直近30日 税理士回答数
1,282

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら