税理士ドットコム - 年末調整の源泉徴収票について 日程が迫っていて困っています。 - C社については、1月から7月まで収入があったとい...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 年末調整の源泉徴収票について 日程が迫っていて困っています。

年末調整の源泉徴収票について 日程が迫っていて困っています。

企業のアルバイトをA社、B社、C社としておりA社のアルバイトが主な収入源なのでA社で年末調整をしてもらうのですがその際に他社の源泉徴収票を持ってきてくださいと言われたのですがC社のアルバイト先が去年の11月から始めて今年の8月から今まで1回も入っていなくてその場合でもC社に源泉徴収票を貰わないと行けないのでしょうか?
まだC社に言っていないのですが今月いっぱいでこのまま入らずに辞めようと思っています。

税理士の回答

C社については、1月から7月まで収入があったという前提で、B社とC社分の給与も含めてA社に年末調整をしてもらうのであれば、2社分の源泉徴収票を発行してもらう必要がありますね。
なお、C社の源泉徴収票を入手するのがA社の年末調整書類の提出期限までに間に合わないという事情があるのであれば、B社だけ含めて貰いC社分は来年、確定申告で精算する方法もあります。

回答ありがとうございます。
この場合だと合計が103万以下でも確定申告が必要なのですか?

3社の給与から所得税が引かれている場合、その還付を受けるためには確定申告が必要ですが、3社合計の給与収入が103万円以下で所得税が引かれていない場合には、申告は必要ありません。

追記
C社だけの合計も20万以下です。

もう一度整理しますと、3社からの収入がすべて給与所得であれば、合計した金額で所得と税金を計算します。
したがって、C社の給与が20万円以下であっても税金の精算ができていなければ確定申告で精算する必要があります。
ただし、3社合計の給与が103万円以下でなおかつ所得税が引かれていなければ確定申告は必要ありません。
なお、3社合計の給与が103万円以下で所得税が引かれている場合に、その税金の還付を請求するのであれば確定申告の手続きが必要です。

ありがとうございます。
先程給与明細を確認したところ所得税等は引かれていなかったのですがこの場合年末調整自体しなくてもいいのでしょうか?
そもそも年末調整は必ずしないといけないのでしょうか?
何度も質問申し訳ございません。

年末調整の対象となる人は、「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整を行う日までに勤務先に提出している人です。
一般的には掛け持ちでアルバイトしている方の場合には、主たる勤務先に扶養控除等申告書を提出することになっています。
したがって、あなたは主たる勤務先に「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しており、年末調整の対象となっていると思います。
なお、勤務先は源泉徴収義務者となっていますので、あなたが年末調整の対象者となっている以上、年末調整は行う必要があります。
もし、あなたが当該申告書を勤務先に提出しなければ年末調整の対象ではなくなるということになります。
ただし、この場合源泉徴収義務者は給与の支払時に乙欄適用者として、高い税率で源泉徴収することになりますので、ご注意ください。
※給与所得者の扶養控除等申告書を提出すれば、甲欄適用となります。

少し難しいのですがひとまずA社でB社の源泉徴収票も持って行って年末調整をしてもらいC社の源泉徴収票はA社の年末調整の期限に間に合わないが合計103万円以下で所得税が引かれていないので確定申告はしなくていいということで合っていますでしょうか?

その条件であればそれで結構です。

何度も質問申し訳ございませんでした。
お忙しい中お答え頂きありがとうございます。

本投稿は、2019年11月09日 00時25分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

年末調整に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
34,129
直近30日 相談数
1,663
直近30日 税理士回答数
2,822