税理士ドットコム - [計上]法人から個人に事業を譲渡した場合の税務処理について - ご質問の回答以前に、会社法に規定する競合避止義...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 法人から個人に事業を譲渡した場合の税務処理について

法人から個人に事業を譲渡した場合の税務処理について

現在1人社長の法人の代表をしておりますが、一部の事業を個人に譲渡して、その事業は個人事業として運営していくことにしました。
法人には別の既存の事業もあり、それは法人で続けていきます。
その場合、特に事業譲渡契約のようなものを交わさなくても、個人として売上を計上していけば良いでしょうか?
また、譲渡後に間違って法人の口座に入金されてしまった売上については、どのように処理をすれば良いでしょうか?

以上2点、教えて頂けると助かります。

税理士の回答

ご質問の回答以前に、会社法に規定する競合避止義務に抵触しないかと、税務上はご記載の目的が租税回避行為と看做されないかという問題があります。
いずれにしましても、法令上の問題を個別具体的に検討すべきことであって、ネット上で解決するのは難しい内容です。

本投稿は、2021年09月22日 15時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

計上に関する相談一覧

分野

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
71,667
直近30日 相談数
1,459
直近30日 税理士回答数
2,365