税理士ドットコム - [減価償却]築1年超え(未居住)のマンションを購入した場合の、耐用年数の考え方について - 新古物件なので、中古マンションとして経過年数を...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 減価償却
  4. 築1年超え(未居住)のマンションを購入した場合の、耐用年数の考え方について

築1年超え(未居住)のマンションを購入した場合の、耐用年数の考え方について

3年前に築1年1ヶ月(未居住)のマンションを購入、
自宅として2年ほど使用した後、昨年賃貸に出しました。

購入時、売主からは「新築」と言われましたが、
確定申告の減価償却費の計算で、建物の耐用年数としては、
新築マンションの47年ではなく、築1年1ヶ月の中古マンションとみなし、46年になりますか?

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

税理士の回答

新古物件なので、中古マンションとして経過年数を考慮した中古耐用年数(46年)で減価償却することになります。

本投稿は、2019年02月11日 22時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

減価償却に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
31,033
直近30日 相談数
1,172
直近30日 税理士回答数
2,037