税理士ドットコム - [経理・決算]役員貸付金は決算時に損金になるのかどうか - 貸付金は資産ですので損金にはなりません。寧ろ貸...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 役員貸付金は決算時に損金になるのかどうか

役員貸付金は決算時に損金になるのかどうか

お世話になっております。

決算時の役員貸付金について、税務的な質問があります。
売上が12億あり、役員貸付金が5億あるとします。その場合、課税対象の売上は7億になるという認識でいます。つまり、役員貸付金は、決算時に損金として扱われるのかどうかです。先生方のご意見をお聞かせください。

なお、役員貸付金にともなう金利はしっかり徴収しており、賞与とはみなされないという前提、銀行融資等は考えないものとします。

税理士の回答

貸付金は資産ですので損金にはなりません。
寧ろ貸付金利息が益金となり、その分課税所得は増えます。

本投稿は、2020年01月15日 00時14分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
37,552
直近30日 相談数
1,535
直近30日 税理士回答数
2,671