税理士ドットコム - [経理・決算]期末商品が翌年の期末に残ってしまった場合について - こんにちは。期末商品(棚卸し)は貸借対照表の資産...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 期末商品が翌年の期末に残ってしまった場合について

期末商品が翌年の期末に残ってしまった場合について

お世話になります。期末商品(棚卸し)をその年の売り上げに加算する事は理解していますが、その商品が翌年の12月31日にまた残ってしまった場合はまた、その年の売り上げに加算しないといけないのですか?どなたかお教えください。宜しくお願い致します。

税理士の回答

こんにちは。
期末商品(棚卸し)は貸借対照表の資産項目へ経理することになり、それは経費にならないことを意味します。従いまして、売り上げに加算するわけではないと考えます。

どうぞよろしくお願いいたします。

早速のご返答ありがとうございます売り上げにも経費にもならないのですね。期末商品棚卸高と記載すればいいだけですか?翌年の経費にもならないのですか?質問が多くてすいません。

ご返信いただきましてありがとうございます。
損益計算書には期末商品棚卸高と記載して経費から除かれ、貸借対照表には商品として記載されます。翌年に販売されれば翌年の経費になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

本投稿は、2021年01月14日 03時21分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

経理・決算に関する相談一覧

分野

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
56,927
直近30日 相談数
1,544
直近30日 税理士回答数
2,370