税理士ドットコム - [所得税]30年度からの配偶者控除について - ご本人の給与所得が900万円超1000万円以下の場合に...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 30年度からの配偶者控除について

所得税

 投稿

30年度からの配偶者控除について

30年度からの配偶者控除について質問させてください。

30年度から配偶者控除の取り扱いが変わると思いますが、
給与所得者本人の所得金額が
900万超~1000万以下の場合には減額されますが
控除自体はされますよね。
ですが、900万を超えた場合には、
扶養親族等の数の算定上は0人になるので、
超えた時点で毎月の給与計算時の所得税の計算からも
外して考えた方が良いのでしょうか?
それとも配偶者控除はついたまま年調で
一気に計算し直した方が良いのでしょうか?

どちらにしても年調時に正しい計算が行われていれば
問題ないのはわかっているのですが、
通常はどのように処理をするのが良いのか
教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

税理士の回答

ご本人の給与所得が900万円超1000万円以下の場合には控除額は減額されますが、配偶者控除自体は適用できます。

扶養控除等の人数に関しては「源泉控除対象配偶者」に該当する場合には扶養親族等の数に1人を加えることとなります。
「源泉控除対象配偶者」とは、ご本人の合計所得金額が900万円以下(給与収入の場合には年収1120万円以下)で、配偶者の合計所得金額が85万円以下(給与収入の場合には年収150万円以下)の場合の配偶者の方を差します。
下記サイトの3、4ページをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/pdf/02.pdf

以上、宜しくお願いします。

ご回答ありがとうございます。

900万超1000万以下でも適用になるとは思うのですが、
減額なので、最終的に年調時に追加徴収になる・・・という
こともあり得るのかなと思いまして・・・

まだ始まっていない制度ではありますが、
追加徴収という事態を避けるために
900万超の時点で配偶者控除の適用を外して
月の給与計算をしても問題ないでしょうか?

ご連絡ありがとうございます。
お考えの通りで問題ないと考えます。
最終的には年末調整で精算されますので、ご本人にも影響は生じません。
宜しくお願いします。

参考になりました。
ありがとうございました。

本投稿は、2017年10月10日 16時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,742
直近30日 相談数
773
直近30日 税理士回答数
2,560

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら