[所得税]土地家屋の売却 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 土地家屋の売却

所得税

 投稿

土地家屋の売却

相続した土地家屋の売却ですが、居住している場合としていない場合では税金の額が違うのでしょうか?
居住しているとしたら、年数は関係ありますか。

税理士の回答

 不動産を売却した場合は、売却価額から購入費用等を基にした取得費と売却にかかった費用の合計額を控除して売却益(譲渡所得)算定し、これに税率をかけて所得税と住民税がかかることになっています。そして、売却した不動産が自己の居住用財産であった場合には、一定の条件の下、上記の譲渡所得の計算の際に最高3,000万円までの特別控除を差し引くことができる、あるいは、居住用財産を買い換える場合には、一定の計算により譲渡所得の金額を圧縮できる特例が設けられていますので。これらの特例を適用することにより、節税をすることができます。なお、上記の2つの特例についての要件等の詳細をお知りになりたい場合は、国税庁タックスアンサー「3302」及び「3355」をご覧ください。また、このほかにも、居住用財産を売却した場合に損失が生じたときの特例や軽減税率の特例もございます。

本投稿は、2019年01月11日 17時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,814
直近30日 相談数
1,156
直近30日 税理士回答数
1,954