電子定款を利用して、会社設立にかかる費用を節約しよう!電子定款の作成手順のまとめ - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 会社設立のハウツー
  4. 電子定款を利用して、会社設立にかかる費用を節約しよう!電子定款の作成手順のまとめ

電子定款を利用して、会社設立にかかる費用を節約しよう!電子定款の作成手順のまとめ

2007年4月1日に「電子公証制度による電子定款認証」が始まってから、今では多くの起業家がこの制度を利用しています。

従来、会社設立時に作成する会社定款は、原本に4万円の印紙代を貼る必要がありましたが、この制度によって電子定款を作成すると、印紙代が不要になります。つまり会社設立の費用を4万円も節約することができるということです。

今回は「電子定款とはなにか」「どのようにして作成するのか」について、解説いたします。これから会社設立を目指している方は必見です。なお、この記事は株式会社の設立の場合を前提に作成しています。他の法人格の場合はあてはまらない場合がありますので、ご留意ください。

目次

そもそも定款って何?

電子定款のことをお伝えする前に、そもそも定款とは何か簡単に解説します。

定款とは、一言でいうと「その会社のルールをまとめた書面」です。会社の商号や事業目的、所在地だけでなく、設立時の株主構成や取締役会を設置するかなどを決めて定款にまとめます。

電子定款とは?

定款はもともと紙で作成するのが一般的でした。しかし、現代はITの時代であらゆるものが電子化されつつあります。定款も同様に電子化することができます。

PDFで電子化された定款を「電子定款」と呼びます。電子定款では、紙で作成したときには必要だった収入印紙代の4万円が不要となります。

ただし、必要な機器やソフトを購入する場合、手数料の4万円よりも高くつく可能性もあります。このため、以下をご覧いただき、自身で機器を揃えるか、それとも電子定款に対応している専門家に依頼するのか、ご検討ください。

電子定款作成時には何が必要か?

電子定款を自分で作成する場合、必要なもの3つがあります。

マイナンバーカード

全国民が持っているマイナンバー。実は、電子定款を作る際にその情報が記載されたマイナンバーカードが必要となります。

マイナンバーカードは、郵送で送られてきた書面ではなく、必要な場合は別途申請が必要です。電子定款の作成を検討しているにもかかわらず、マイナンバーカードを持っていない人は交付を申請するようにしましょう。

マイナンバーは、郵便やインターネットから申請が可能です。また、すぐに発行できるものではありませんので、注意しましょう。会社設立の際には余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

ちなみに、以前は住民基本台帳カードを使っていましたが、マイナンバーカードが登場したことにより、今は廃止されて電子定款を作る際に利用することはできません。

電子証明書

マイナンバーカードが手に入ると、この電子証明書が標準で付いています。しかし、これを有効にするには、住民票の住所に記載されている自治体の窓口で手続きする必要があります。

手続きは無料で行うことができます。またその際には、マイナンバーカードだけでなく、印鑑も必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

ICカードリーダー

マイナンバーのデータを読み込むためには、ICカードリーダライタが必要となります。マイナンバー対応のものが必要になりますので注意しましょう。

どのICカードリーダライタがマイナンバーに対応しているかは、「公的個人認証サービスポータルサイト」で確認することができます。

電子定款作成の手順は?

電子定款を作成するための5ステップを解説します。

必要なものを準備する

先ほど紹介した定款を作る上で必要となるマイナンバーカード、電子証明書、ICカードリーダーなどを準備します。

定款の内容を作成

必要なものの準備と並行して、定款に記入できる内容は記入していきましょう。

会社の商号、事業目的など記載して、できれば公証役場か法務局にチェックしてもらうようにしましょう。定款の修正や再提出の手間を省けます。再提出の場合、約5万円の申請料を公証役場に再度払う必要も出てきますので、注意しましょう。

定款をPDF形式へ変換

定款の内容が問題無ければ定款をPDF形式へ変換しましょう。

電子証明書を埋め込む

定款をPDF形式にしたら、ICカードリーダーで読み込んだ電子証明書を埋め込みます。

電子証明書の埋め込みには、法務省登記・供託オンライン申請システムで無料配布されているPDF署名プラグインソフトを使用します。

公証役場で申請

電子証明書の作成が完了したら、いよいよ公証役場で申請を行います。

申請の際は、事前に公証役場へいつ訪問するか予約を取るようにしましょう。また申請の際は、以下のものが必要です。

  • 電子記録媒体(USBなど)
  • プリントアウトした電子定款2通
  • 会社の発起人全員の印鑑証明書
  • 発起人以外の委任状
  • 認証手数料 5万円
  • 身分証明書(マイナンバーカード、免許証など)
  • 印鑑

ここまで完了すると株式会社を設立することができます。

おわりに

電子定款の作成手順を解説いたしました。電子認証は印紙代は節約できますが、作成するために必要な機器を用意することや手順が大変だと感じる方も多いかもしれません。

時間がない人や面倒な手続きは極力やりたくない人は、かかるコストと手間を考えた上で、行政書士や司法書士など専門家への依頼を検討してみると良いでしょう。会社設立の際の参考にしていただければ幸いです。

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

会社設立に関する税務相談Q&Aをみる

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応