税理士ドットコム - [会社設立]役員報酬の支払いタイミングについて - 法人税法における「創立費」とは、設立登記のため...
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 役員報酬の支払いタイミングについて

役員報酬の支払いタイミングについて

現在、喫茶店開業にあたって合同会社会社の設立の手続きを進めています。
営業を開始する時期は9月を予定しているのですが、できればそのタイミングから役員報酬が発生するように調整をしたいと思っています。
ただ、それまでに各種支払い(内装工事費や備品購入費)が必要なため、これらを創業費として登録することが可能かどうかお教えいただきたいです。
または、会社を設立したあと、一定期間は支払いを0円にし、途中から役員報酬を変更した場合、遡って支払いが発生するのかどうかもご教示いただけますと幸いです。

税理士の回答

 法人税法における「創立費」とは、設立登記のために支出する登録免許税その他法人の設立のために支出する費用で、当該法人の負担に帰すべきものをいいます(法令14(1)一)。相談者様が考えているものは、いわゆる「創立費」に該当しないと思われます。 また、役員報酬の金額は設立から3か月以内に決定してください。

ご回答くださりありがとうございました。
創立費として扱えない場合、設立前に内装工事契約は行えないということでしょうか?
設立前にかかった経費(内装工事、交際費など)はどのように扱うべきか、お教えいただけるとうれしいです。

 1期目の経費とします。内装工事は固定資産計上し減価償却費とし、交際費は交際費として経費計上します。つまり、創立費とはならないけれども、経費にはできます。

(法人の設立期間中の損益の帰属)
法人税基本通達2-6-2 法人の設立期間中に当該設立中の法人について生じた損益は、当該法人のその設立後最初の事業年度の所得の金額の計算に含めて申告することができるものとする。ただし、設立期間がその設立に通常要する期間を超えて長期にわたる場合における当該設立期間中の損益又は当該法人が個人事業を引き継いで設立されたものである場合における当該事業から生じた損益については、この限りでない。

本投稿は、2021年06月12日 23時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 合同会社の設立日から営業開始日まで

    現在社員として会社に在籍していますが合同会社を設立し、在籍していた会社とフリーランスの契約をして仕事をしたいと考えています。 12月まで会社に在籍し月末退社、...
    税理士回答数:  2
    2019年08月14日 投稿
  • 会社設立後の役員報酬発生タイミングについて

    6月14日に株式会社を設立しました。 社長のみの1人会社です。 本格稼働するまでの6・7・8月は役員報酬が0円。 9月分から報酬の支払いを発生させたいと考...
    税理士回答数:  1
    2018年08月28日 投稿
  • 合同会社設立 役員報酬について

    2月の末に個人事業主から合同会社を設立しました。事業所の賃貸契約時に、法人格が求められた為の法人化です。 コロナの為、設立後、登記番号が送られてきたあとまだ何...
    税理士回答数:  1
    2020年05月18日 投稿
  • 会社設立後の役員報酬の支給開始について

    今月合同会社を事業年度を9月1日からとし,設立しました。 現在会社員をしており,事業開始は来年4月以降を見込んでいます。 役員報酬は9月から来年3月までを無...
    税理士回答数:  1
    2018年09月24日 投稿
  • 合同会社_設立当初の役員報酬支払について

    6月に一人合同会社を設立しようと思っています。役員報酬の支払い時期・方法について教えてください。 お客様と業務委託を契約し、報酬を月額でいただく予定です。6月...
    税理士回答数:  2
    2019年05月17日 投稿

関連キーワード

会社設立に関する相談一覧

分野

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
67,842
直近30日 相談数
1,299
直近30日 税理士回答数
2,420