税理士ドットコム - [青色申告]戸建ての自宅兼仕事部屋の経費申請について - > 何割ずつ申請するのが一番賢いのか教えてくださ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 戸建ての自宅兼仕事部屋の経費申請について

戸建ての自宅兼仕事部屋の経費申請について

主人が音楽関係の個人事業主、私が副業でアフィリエイト関係の個人事業主として、今年の初めに申請を出しました。
主人も私も、今年初めて青色申告をする予定です。
4LDKの家で、主人は1部屋をスタジオに、私は1部屋をオフィス的な感じで使っています。
新築購入した戸建てに住んで9年目になります。
住宅控除のことも含め、仕事部屋は私と主人、何割ずつ申請するのが一番賢いのか教えてください。
ちなみに、主人が外国人のため、戸建ては私名義で購入しています。

税理士の回答

何割ずつ申請するのが一番賢いのか教えてください。

何割なら賢いかではなく、実態に合わせて、事業に使っている割合に応じて申告してください。

ローン控除をうけていらっしゃいますか?
ローン控除は住宅ローンが前提ですので、事業用不動産にかかるローン部分は本来は適用除外です。ローン控除が終わるまでは、ご自宅の費用を必要経費にされるのは辻褄が合いませんので、控えたら如何でしょうか。

名義がご相談者様であっても、生計一の親族が支払った経費ですので、固定資産税などを必要経費とする場合には、ご主人様の必要経費とすることができます。

住宅ローン控除があと1年残っています。
そうすると、電気代なども経費にできなくなりますか?

経費にできないわけでありませんが、矛盾しますよね。

私のクライアントであれば、自宅の経費は入れませんが、税務署がそこまでチェックしているかどうかは疑問ですので、そこは納税者様ご本人の判断です。

住宅ローン控除が終わるまで、自宅の費用を経費にするのは控えようと思います。
住宅ローン控除が終わった後に、住宅を仕事として使用している割合に合わせて電気代やインターネット代を経費とする事はOKという事でいいのでしょうか?

はい、私のクライアント様でしたら、そのように指導致します。

本投稿は、2018年05月24日 21時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,214
直近30日 相談数
1,025
直近30日 税理士回答数
1,924