税理士ドットコム - [青色申告]年度またぎ。サービス未提供時の売上金の取り扱いについて - 2018/12/1の料金受領時は上記12/31の仕訳で良いで...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 年度またぎ。サービス未提供時の売上金の取り扱いについて

年度またぎ。サービス未提供時の売上金の取り扱いについて

年度をまたぐ仕分け方法について質問です。
個人事業主、今回初めての青色申告です。
個人宅へ訪問サービス業務。
例えば、2018/12/1にお客様と契約しご利用料金5000円を頂戴する。(売上/現金5000円です)
実際の訪問サービスは、2019/1/31。
売上現金を頂戴した時はまだサービス提供しておらず、実際は翌年。
この場合の2018年度の青色申告の仕分けは下記の通りと認識しておりますが、
実際サービス提供した、翌2019年の仕分け方法を教えてください。
もちろん2018年度の仕分け方法が誤っている場合についてもご指摘ください。
------
日付:2018/12/31 借方 勘定科目/現金 金額/5000円 貸方 勘定科目/前受金 金額/5000円
------
もしくは、お金を頂戴した2018/12/1 売上 現金 5000円との仕分けで良いならばそのほうが当方としても良いので、その旨教えてくだされば幸いです。
ご多忙な折恐縮ですがご返答よろしくお願い致します。

税理士の回答

2018/12/1の料金受領時は上記12/31の仕訳で良いです。翌年サービス提供時1/31に売上の実現として、前受金 5,000円 / 売上 5,000円として振替仕訳が必要となります。

本投稿は、2019年03月04日 11時25分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,737
直近30日 相談数
1,192
直近30日 税理士回答数
2,397