[配偶者控除]年金受給者の配偶者の働き方 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 年金受給者の配偶者の働き方

年金受給者の配偶者の働き方

夫は只今65歳で昨年会社を退職し、年金を約年212万円もらっています。
配偶者の私は61歳で、年金を繰り上げ受給し、約年60万円もらいながら、パートで働いております。相談内容は、私のパート収入は、年額いくらに抑えれば扶養に入っていることが出来るのかお尋ねしたいです。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

公的年金控除額は、65歳未満の方は、最低70万円控除できます。
ご質問者の場合、公的年金の雑所得は0円となりますので、パートの給与収入が103万円以下であれば、配偶者控除が、適用になります。

ありがとうございました。大変参考になりました。
給与収入を103万円以下に抑えるように働きます。

本投稿は、2018年09月22日 15時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,134
直近30日 相談数
1,249
直近30日 税理士回答数
2,121