税理士ドットコム - [配偶者控除]妻の扶養を外さないように業務委託とパートを行いたい。 - 所得の合計額が38万円以下であれば、税金の扶養に...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 妻の扶養を外さないように業務委託とパートを行いたい。

配偶者控除

 投稿

妻の扶養を外さないように業務委託とパートを行いたい。

妻が現在業務委託契約の仕事をしており、月2万円から3万円働いております。4月からパートを始める予定なのですが、私の扶養に入ったままでいられるためには、業務委託契約とパート、それぞれいくらまで働けるのでしょうか。
また、注意すべき点を教えていただきたいです。

税理士の回答

所得の合計額が38万円以下であれば、税金の扶養になります。
①給与所得は、収入―65万円(給与所得控除最低額)=給与所得の金額になります。
②業務委託は、収入―必要経費=所得の金額になります。
①+②=38万円以下であれば、税金の扶養になります。

本投稿は、2019年03月17日 09時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,099
直近30日 相談数
1,175
直近30日 税理士回答数
2,345