税理士ドットコム - [配偶者控除]個人事業主としてやらず、扶養内でやった方が損はしないでしょうか? - 本年中におっしゃる通りの利益(所得)が発生する...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 個人事業主としてやらず、扶養内でやった方が損はしないでしょうか?

個人事業主としてやらず、扶養内でやった方が損はしないでしょうか?

ただいま個人事業主としてフリーの占い師をしています。月々の純利益としては9万円前後です。
自衛官の夫の扶養に入っていますので、共済組合で、社会保険や年金も扶養されています。
来月くらいから新たに物を仕入れて販売しようと思っています。
月々の純利益として、今年中には20万円から30万円ほどになりそうです。
そうなると、扶養から抜けなければなりません。

・占いと仕入れの仕事を両方すると損しますか?30〜40万円稼ぐことにより自分で年金や保険料を払わねばなりません
・社保に比べて国保は保証が手厚くないと聞きます。扶養内で働いて、今の防衛省の共済組合に入っていた方がいいでしょうか?
・占い師として今仕事をしていますが、確定申告は仕入れの仕事とそれぞれ分けて申告せねばならないのでしょうか?事業用とまだ通帳を分けておらず、なおかつ年の途中から新たなビジネスを展開すると今年の申告分は煩雑になりすぎて私ではわからなくなります。

税理士の回答

本年中におっしゃる通りの利益(所得)が発生する場合は、ご主人さんの扶養から外れることになります。

占いと仕入の仕事の両方をして、損をするということにならないと思います。月額30万円から40万円の所得が発生するのであれば、ご主人さんの扶養の範囲内で所得を得るよりも、夫婦の手取りは多くなります。

防衛省の共済組合と国保の違いは社会保険のご質問になりますので、共済組合などに確認されればと思います。

占い師の仕事と仕入の仕事を分けて確定申告するのではなく、合算して申告しますが、どちらがどれだけ儲かっているのかを把握するためには、それぞれの収入や必要経費を計算し、最終的に合算して、申告すればいいと思います。通帳については、事業とプライベート(家事)を分けた方が分かりやすいですが、個人の場合は、事業用と家事用とに関連した支払いがあると思いますので、同じでも問題はありません。ポイントとしては、家事分の支払いを必要経費に含めないことになります。

本投稿は、2020年03月26日 07時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
41,438
直近30日 相談数
1,309
直近30日 税理士回答数
2,059