税理士ドットコム - [配偶者控除]業務委託と扶養内パートの確定申告につきまして - 回答します。扶養判定は、あなた様の言うとおりで...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 業務委託と扶養内パートの確定申告につきまして

業務委託と扶養内パートの確定申告につきまして

はじめまして。パートと在宅講師(業務委託)をしており、確定申告について相談させてください。

扶養内でパートのみでしたが、コロナ以降業務委託の仕事を始めましてもうすぐ確定申告があります。

お恥ずかしながら、講師の方が業務委託契約だということに夏から気づき開業届などはまだ提出していない状態です。

その後いろいろ調べまして扶養内で働くためには、
パートの方の給与収入が103万以下
業務委託の方が所得で48万以下だと知りました。

住民税、所得税、保険すべての扶養内におさまる
予定ですが、
こちらの認識は合っていますでしょうか?

現在パートの方が給与50万円
業務委託の方が報酬として46万円です。
(経費は、ここから3万程引いたくらいです。電気代などは含むことは可能なのでそょうか?)
この源泉徴収が2月に届く予定です。

また、確定申告の際は
報酬の低い業務委託の方が雑所得になのでしょうか?
事業所得でしょうか?

初歩的質問で申し訳ありません。
どうぞご教授よろしくお願い申し上げます。



税理士の回答

回答します。
扶養判定は、あなた様の言うとおりです。給与103万円は給与所得控除55万円を差し引いた残りが48万円になるからです。
雑所得の場合は、収入から実際にかかった経費を差し引いた残りが48万円までなら扶養できるということです。

あなた様の内容なら、給与所得は「0」、雑所得は43万円なので大丈夫です。
業務委託はパートがあるため、事業とは言えません。雑所得になると考えます。

本投稿は、2022年01月28日 15時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

配偶者控除に関する相談一覧

分野

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
83,418
直近30日 相談数
985
直近30日 税理士回答数
1,714