税理士ドットコム - [扶養控除]アルバイトの103万と雑所得の関係について - ポイントサイトでの収入は、雑所得になると思いま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. アルバイトの103万と雑所得の関係について

アルバイトの103万と雑所得の関係について

現在大学生で、アルバイトで親の扶養が外れない限界まで働きたいと思っています。また私はポイントサイトをよく使うので、そこのポイントだけで数万程度の収入が見込めます。これはいわゆる雑所得に含まれるとネットで見たのですが、例えばアルバイトの給料が102万、ポイントサイトでの儲けが2万のようになった時は一般によく言われている103万の上限を超えることになってしまい、親の扶養から外れるのでしょうか?
ネットで簡単に調べたところ雑所得は20万以下なら確定申告不要とあり、上の例の場合に合計所得にポイントサイトでの儲けを含むべきか除くべきか分かりません。もし含むのであれば合計所得が102万+2万-55万で49万となり扶養に入る上限の48万を超えますが、入らない場合102万-55万=47万となり超えません。
この例の場合どちらになるのかを教えていただけるとありがたいです。

税理士の回答

ポイントサイトでの収入は、雑所得になると思います。他に給与所得がある場合は、以下の様になります。
1.給与所得者(年末調整をする人)は、副業の所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。20万円以下であれば、確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要になります。
2.年末調整をしなければ、以下の様に合計所得金額が48万円以下であれば、親の扶養内になり、確定申告は不要になります。また、合計所得金額が45万円以下であれば、住民税の申告も不要になります。
1.給与所得
収入金額-給与所得控除額55万円=給与所得金額
2.雑所得
収入金額-経費=雑所得金額
3.1+2=合計所得金額


本投稿は、2022年05月14日 22時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

扶養控除に関する相談一覧

分野

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
83,479
直近30日 相談数
989
直近30日 税理士回答数
1,702