税理士ドットコム - [確定申告]雑所得がマイナスの時の経費申告 - 雑所得は、赤字は繰り越せません。雑所得同士は、...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 雑所得がマイナスの時の経費申告

確定申告

 投稿

雑所得がマイナスの時の経費申告

海外のFX業者を利用しています
FX専用機としてPC(10万以上20万未満)を購入しました
プラスの時は一括で経費計上すればよいと思うのですが、マイナスだった時は
3年?の均等割りで経費計上したほうが来年に持ち越せると思うので
得であると判断したのですが、マイナスでも均等割りで経費計上する際は
確定申告で申告をする必要がありますか?

税理士の回答

雑所得は、赤字は繰り越せません。
雑所得同士は、損益通算出来ますのが、その他の所得とは、損益通算できません。

ご回答ありがとうございます。
雑所得自体の損益通算の話ではなくて経費(減価償却?)についての質問になります。

雑所得でも、一括償却、均等償却は出来ます。

ご回答ありがとうございます。
雑所得がマイナスでも均等償却で確定申告は行う必要がある
という意味合いであってますでしょうか?(2年目以降に償却で申告したい場合)
それとも、プラスになった時が2年目だったら、1年目は申告する必要はなく
2年目から償却で申告すればよいという意味合いでしょうか?

(一括償却に関しては意味がないのでご回答は必要ありません)

均等償却は、普通償却との選択ですので、1年目は、確定申告が必要です。

FXの赤字については、「雑所得の申告は不要だが、申告した方が得」というのが結論です。
一般的に雑所得は赤字が切り捨てられますが、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」によって、条件を満たせば最大3年まで赤字の繰り越しが認められます。FXはこの特例の対象ですから、来年以降黒字が出れば所得を圧縮して税額を減らすことができます。よって、赤字だからと申告しないのは損だと言えます。なお、この赤字は他の所得の黒字と相殺できず、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」に該当するものから出た黒字としか相殺ができません。
赤字の繰り越しをするための条件は、確定申告書を毎年提出すること以外に、付表と明細書の提出が加わります。付表と明細書は指定された様式があり、国税庁がPDFファイルで提供しています。(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1523.htmの最下部)
なお、申告する・しないにかかわらず、所得金額の計算根拠となる資料は申告書同様に保存しておくことを強くおすすめします。

本投稿は、2018年10月11日 11時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
17,580
直近30日 相談数
835
直近30日 税理士回答数
1,348

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら