業務委託と派遣社員収入の確定申告有無 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 業務委託と派遣社員収入の確定申告有無

業務委託と派遣社員収入の確定申告有無

業務委託契約での収入が58万円
派遣社員契約での収入が6万円

経費を除いた所得合計が37万円

以上、確定申告が必要かご教授願います。


税理士の回答

業務委託契約は、雑所得、派遣社員契約は、給与所得と考えます。
①雑所得は、収入―必要経費=雑所得の金額となります。
58万円―27万円(必要経費)=31万円
②給与所得は、給与収入―給与所得控除額最低額65万円=給与所得の金額となります。
6万円―65万円=0円
①+②=31万円
合計所得が38万円以下であれば、所得税の確定申告は、必要経費ありません。

ご返答ありがとうございます。
理解いたしました。

知識として教えて頂きたいのですが、配偶者控除の改正で平成30年度から収入が150万まで拡大しましたが、業務委託契約の場合は、適応されますでしょうか?

業務委託契約の場合も配偶者特別控除は、適用されます。
収入ではなく、所得で判断します。

すみません、補足です。

・業務委託契約の場合も配偶者特別控除が最大85万まで適応される。

・業務委託契約は38万以上の所得ならば、確定申告が必要。

以上の認識でよろしいでしょうか。

①業務委託契約も、配偶者の合計所得が123万円以下までは配偶者特別控除が適用されます。
所得によって、3万円から38万円の控除額になります。

②38万円を超える場合には、確定申告が必要です。

本投稿は、2018年11月08日 00時32分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,418
直近30日 相談数
1,297
直近30日 税理士回答数
2,224