[確定申告]配偶者控除の修正について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除の修正について

配偶者控除の修正について

平成30年分の「給与所得者等の配偶者控除申告書」を勤務先に提出する際、本人の「合計所得金額の見積額」を給与所得のみで算出した結果「900万円以下」となり、配偶者の「合計所得金額の見積額」が38万円以下であったため、配偶者控除38万円が適用され、先日年末調整による還付を受けたところです。

ところが、平成30年中には所有不動産を売却したことによる売却益(短期譲渡所得に該当)があったため、確定申告の準備をする中で、「給与所得者等の配偶者控除申告書」の「合計所得金額の見積額」に譲渡所得を含めることを失念していたことが判明しました。

そこで、以下の2点について、ご教授ください。

1.年末調整も終わり、源泉徴収票も作成されていることや、譲渡所得があるため確定申告を2月に予定していることから、このまま確定申告で修正を完結させようと思っているのですが、それで問題ありませんか。

2.確定申告書は「国税庁 確定申告書等作成コーナー」を利用し、書面提出を予定していますが、添付する「源泉徴収票」の配偶者控除38万円が、確定申告書上はゼロ(源泉徴収票のまま入力しても、譲渡所得の入力により、配偶者控除はゼロになる)になりますが、そのまま提出すればよろしいでしょうか。

以上、お手数をおかけしますが、ご回答をお願いいたします。

税理士の回答

1.2.
年末調整で配偶者控除が間違えていても、確定申告で正しく訂正すれば、問題ありません。
その源泉徴収票を添付して下さい。

早速のご回答ありがとうございました。
これに関連して、もう1点だけ確認させてください。
できれば不動産を売却したことは勤務先に知られたくないので、年末調整が間違っていたことは、勤務先へ報告するつもりはないのですが、それで問題はないでしょうか。
お手数をおかけしますが、ご回答をお願いいたします。

勤務先への報告は、特に問題はありません。

本投稿は、2019年01月12日 11時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,233
直近30日 相談数
1,231
直近30日 税理士回答数
2,143