アルバイトの確定申告について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. アルバイトの確定申告について

アルバイトの確定申告について

アルバイトの確定申告についてです。昨年の7月までA社でアルバイトを行っていましたが、8月~今年の1月までB社でアルバイトを行っています。そして、2月にB社を辞めてまたA社に戻ってアルバイトを行います。そこで知りたいのですが
1.改めて入社した時に年末調整の書類を頂いたのですがの7月までA社でアルバイトをしていた分の給料を確定申告したほうがいいでしょうか。
2.B社で年末調整の書類を提出する事が出来なかったのですが、確定申告は必要でしょうか(8月~今年の1月までの収入は約6万円程度です)
お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

税理士の回答

昨年の7月までのA社での給与収入と8月から12月までのB社での給与収入の合計が、103万円を超えれば確定申告が必要になります。103万円以下であれば確定申告の義務はありません。しかし、所得税が控除されていれば、確定申告をすることにより控除された所得税は還付されます。

夜分遅くにご回答してくださり、ありがとうございます。ずっと不安だった事が解消されて安心しました。本当にありがとうございました。

お世話になっております。追加で質問したいことがあるのですが、A社で昨日年末調整の書類を受理して頂きました。しかし、B社は年末調整の書類を受理してもらえていません。

1.この場合、B社のみの収入は確定申告を行った方がよろしいでしょうか。(収入は8月~12月までで6万円程度です)

2.確定申告を行わなければいけない場合、B社から源泉徴収票を再発行してもらうことは可能でしょうか。

3.もし、今回確定申告が必要の場合、確定申告を怠ることによる罰則などはありますでしょうか。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

1.年収(A社とB社)が103万円以下であれば、確定申告の義務はありません。所得税が控除されていれば、B社だけでなくA社とB社を合わせた確定申告になります。
2.もし、確定申告(還付申告)をするのであれば、B社から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。B社はそれを発行する義務があります。
3.もし、確定申告が必要な場合(年収が103万円を超える場合)には、怠ることによりペナルティ(延滞税等)が発生することになると思います。

ご丁寧なご回答をして頂き、ありがとうございます。年収を確認したところ103万円は越えておりませんでした。
本当にありがとうございました。

何度も質問をして申し訳ございません。
昨日A社で年末調整の書類を受理して頂いたと書かせて頂きました。
そこで質問なのですが

1.自分の市町村に給料の明細が送られる場合、A社が明細を送っておらず、B社のみが明細を送っていたら、差額が出て、税務署から書類が届く可能性はありますでしょうか。(A社の1月~7月までの収入は294830円です)

2.税務署から書類が届く場合、親の元に届来ますでしょうか。(現在、母親の扶養に入っております)

3.差額が出ることによって、親の扶養から外れたり、ペナルティを課せられる場合はありますでしょうか。

お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

税務署から書類が来ることはないと思います。年収103万円以下であれば、所得税は非課税です。また、A社が給与支払報告書を市区町村へ送付していなくても、相談者様の給与所得金額(収入金額-給与所得控除額65万円)は0で、住民税は非課税ですので問題はないと思います。

本投稿は、2020年02月15日 00時56分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,362
直近30日 相談数
1,865
直近30日 税理士回答数
2,965