[白色申告]確定申告AとB - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 白色申告
  4. 確定申告AとB

白色申告

 投稿

確定申告AとB

個人事業主です。
会社員でもあり、給料ももらっています。
こちらは年末調整済みです。

申告する書類ですが、収支内訳書と申告書A(会社の源泉徴収)でよろしいのでしょうか?

事業に対する申告書Bも提出が必要ですか?
その場合、所得税の計算はどのようになりますでしょうか。
初歩的な質問ですみません。
宜しくお願い致します。

税理士の回答


私の分かる範囲で記載させて頂きます
参考になれば幸いです

まず、使用する申告書については、事業所得がある場合には申告書Bを使用することとなります。
この場合の添付書類は収支内訳書と会社から交付された「源泉徴収票」(e-texの場合は省略可)となります。

所得税の計算の概要
1. 事業所得
 収入 - 必要経費 =事業所得金額
2. 給与所得
 収入 - 給与所得控除 =給与所得金額(源泉徴収票に記載あり)
3. 総所得金額
 1.+2.= 総所得金額
4.所得控除額
   基礎控除、社会保険料控除など(源泉徴収票に記載あり)、その他追加があれば
5. 課税所得金額
4-5.=課税所得金額
6. 所得税額等
 5.×所得税率等 = 所得税及び復興所得税額
7.納付する所得税額
   6.-源泉徴収税額(源泉徴収票に記載あり) = 納付する所得税

こんな感じですが
尚、質問の理解が間違っていましたらご容赦ください。
では、参考までに

ありがとうございます。

給料所得とは、事業とは別にもらっている会社からの収入ということですか?

会社の年末調整で、保険などの控除申請は済ませているのですが、申告書Bに記載する必要はありますか?
(源泉徴収に記載されている通りに書く必要がありますか?)

参考になったのでしたら良かったです。

再質問について
まず所得税確定申告は、その人の その年(1月1日から12月31日までの1年間)の すべての収入(非課税分を除く)に対する所得税を計算することを言います。

年末調整はその会社が社員に支払った1年間の給与に対する所得税の計算を言います。
(簡易的なもの)

従って、社員で会社からの給与以外の収入が無ければ、確定申告しなくても、会社の年末調整で完了することとなります。(結果が一緒なので)

次の質問者様の場合
>個人事業主です。
会社員でもあり、給料ももらっています。

と書かれていますので、年末調整では完了せず、確定申告を行う必要があることとなります。

この場合
>個人事業主です。
と書かれていますので、この収入を事業所得として回答しています。
会社員でもあり、給料ももらっています。

と書かれているので、この収入を給与所得として回答しています。

次に
>会社の年末調整で、保険などの控除申請は済ませているのですが、申告書Bに記載する必要はありますか?
(源泉徴収に記載されている通りに書く必要がありますか?)

については、確定申告が本来の所得税の計算ですので、すべて記載することとなります。
従って、「源泉徴収票」を基にそれに記載されている控除内容についても記載が必要です。

実際の記載方法等はe-taxコーナーを参照ください。

では、参考までに

本投稿は、2018年02月23日 00時42分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

白色申告のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
24,045
直近30日 相談数
1,520
直近30日 税理士回答数
2,295