米国確定申告 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 米国確定申告

米国確定申告

米国の確定申告について質問があります。
グリーンカードを保持したまま日本に住んでいます。収入は日本での給料、日本株の配当、日本金融機関の利息、米国銀行の利息です。
TurboTaxというソフトで確定申告書類を作成していますが、現状の入力では$1000以上もRefundされる結果になっていて、米国で税金を納めていないので、何か間違っているのではないかと思っています。
昨年は一度も渡米しなかったので、Foreign Earned Income and Exclusionが適用され、またその上でFoereign Tax Creditが適用されているようですが、完成した書類は料金を払うまで開くことができないので、何か入力ミスがあるのかわかりません。
米国で税金を納めていないのにRefundされることはあり得るでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

税理士の回答

アメリカの市民権や永住権を所持している人は、たとえアメリカで所得がなくても、Re-entry Permitを取得して日本に居住していても、日本の所得を含む全世界所得をアメリカで申告する義務が生じます。

そのため、連邦税の申告書を作成した場合、日本での所得(Foreign Earned Income and Exclusionが適用される所得)に対する税額は外国税額控除(Foereign Tax Credit)の対象になります。

したがって、米国での所得が0(税額も0)で、国外(日本)所得があるような申告になっていると思われるため、外国税額控除分(全部or一部)が還付(Refund)されるような内容となったものと考えられます。

本投稿は、2021年04月08日 09時31分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
62,595
直近30日 相談数
1,895
直近30日 税理士回答数
3,396