太陽光発電の確定申告 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 太陽光発電の確定申告

太陽光発電の確定申告

給与所得者です。
今年4月、自宅に太陽光9kw、蓄電池を設置しました。
太陽光は自家消費、余剰電力売電で、月25000円程度の売電収入がありますが、太陽光と蓄電池のリース契約でほぼ相殺されます。
あと夜間使用で4000円程度の電気代が発生します。
業者からは減価償却があるのでしばらくの間、確定申告不要と言われましたが、間違いないのでしょうか?

税理士の回答

給与所得者(年末調整をする人)は、副業の所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。20万円以下であれば、確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要になります。

本投稿は、2022年07月04日 19時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
87,025
直近30日 相談数
1,192
直近30日 税理士回答数
2,016