この生活費は贈与税の対象になりますか? - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. この生活費は贈与税の対象になりますか?

贈与税

 投稿

この生活費は贈与税の対象になりますか?

生活費の支払いを父名義の口座から私名義の口座にするため貯金の移動をしたいと考えております。

現在父親は高齢者施設で暮らしているため別々に暮らしております。
元々自宅の税金、公共料金、保険などは全て父名義の口座から引き落としになっており、最近からは高齢者施設の家賃も含めて父名義の口座引き落としにしておりました。
しかし今後のことを考えると私名義の口座、もしくはクレジットカード払いに変更したいと考えております。
そうなると年間300万くらい私名義の口座に移動させることになります。
110万を越えていますが、こちらとしては生活費と捉えてるのですがこれには贈与税はかかるのでしょうか?
まとめて移動するのと月ごとに分散するのとで違いはあるのでしょうか?
仮に贈与税の対象外だとしたら、後々の相続税対策としてここに少し上乗せして移動させるとしたらどれくらいなら可能でしょうか?

税理士の回答

お父様の生活費に充てるための資金の移動ということであれば、それは贈与ではなく、相談者様からみれば「預り金」であり、お父様から見れば「預け金」になると考えます。
つまり、相談者様の口座のお金は、相談者様ご自身のお金と、お父様から預っているお金が混在していることになります。そのため、お父様から入金された資金がお父様の生活費として何にいくら使われているか、そして、お父様からの預かり金の残高はいくらあるのかを常に明確にしておく必要があります。
それが明確になっていれば贈与税は課されないと考えます。
なお、お父様にご相続が発生した場合には、その残高(預け金)はお父様の相続財産となりますのでご留意ください。

また、これとは別に贈与を行う場合には、贈与契約書を作成して、別途資金移動を行えば宜しいと思います。

宜しくお願いします。

本投稿は、2018年01月10日 20時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

指定管理による公共施設の利用料金と消費税

最近、多くの公共施設、駐車場等が地方公共団体による直接運営から、指定管理者による管理に代っています。当方が在住している市町村でも、駐車場や施設の会議室が指定管理...

税理士回答数 :  2 2016年07月05日 投稿

施設への毎月の支払いの引き落とし口座について

要介護認定を受けている親が施設に入る事になったのですが、施設への毎月の支払いが銀行口座からの引き落としの形になっています。親が今まで住んでいたところは親名義の建...

税理士回答数 :  1 2016年07月18日 投稿

夫婦間の貯金の口座移動について

結婚3年半の共働きの夫婦です。 4年前に同居を始める際に、共同管理の銀行口座を夫名義で作り、家賃・光熱費をそこから引き落としています。 それぞれが、家賃・光...

税理士回答数 :  2 2017年11月06日 投稿

贈与税 子ども口座の貯蓄を移動した場合

 10歳の子どもの口座へ、子どものお祝いやお年玉、国からの手当などをコツコツ貯金していました。10年で500万ほどになっていたのですが、この度、利率の良い私(母...

税理士回答数 :  2 2017年09月06日 投稿

夫婦の口座間での間違ったお金の移動(贈与税)について

昨年、妻(私)が相続でまとまった金額を手にし、その後大金を一つの口座に入れておくのは防犯や銀行倒産などの観点から心配があったため、妻の他の口座と夫の口座にもいく...

税理士回答数 :  1 2015年03月28日 投稿

累計 相談数
10,112
直近30日 相談数
417
直近30日 税理士回答数
636

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング