贈与税に該当しますか? - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 贈与税に該当しますか?

贈与税に該当しますか?

現在 海外在住です。
昨年の11月に、当時話題になっていた銀行の預金を解約して、他行の夫と私の口座に、それぞれ1000万弱を振り込みました。

それぞれの口座に分けたのは、海外在住のため、銀行に何かあってもすぐには対応できないので、一時避難的な意味で、お互いの口座に1000万を越えないようにしました。

夫から夫名義への口座への振り込みは問題ないと思いますが、私の口座への振り込みは贈与税の対象になるのか、当時から気になっていました。

近い将来家を買ったりする予定もなく、大きな出金の予定はありません。
あくまで、帰国するまでの一時的な保管の意味で、私の口座にも振り込みをしました。

こうした場合、贈与税の対象になりますか?
また、もし課税対象だとしても、申告期間中に申告することはできません。
後に追徴課税と言うことはあるのでしょうか?

税理士の回答

贈与は双務契約です。
ただ、預かっている状況であれば、贈与税の課税対象にはなりません。

山中先生 お返事ありがとうございました。
課税対象ではないとのこと、安心いたしました。
もう1つ質問させてください。

いろいろ調べてみたところ、なるべく早めに夫の口座にお金を戻したほうが良いと書かれているものもありましたが、やはり早めに口座に返金したほうが良いのでしょうか?

資金の出所を明確にされ、預り金と説明できる状況であれば、特に問題はないと考えます。

ありがとうございました。
解約したときの書類、振り込みの控えなどが残っていますので、問題なしですね。

その様に判断させて良いと考えます。

本投稿は、2019年03月14日 21時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,228
直近30日 税理士回答数
2,148