年内に返金した場合の贈与税の取り扱い - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 年内に返金した場合の贈与税の取り扱い

年内に返金した場合の贈与税の取り扱い

年間110万円までは贈与税は非課税のことは知っていますが、例えば今年の4月に200万円をもらい、同じ年の10月に200万返した場合は、お互いが贈与税がかかるものなのでしょうか?教えてください!

税理士の回答

贈与とは「あげます」「もらいます」という両者の意思があった初めて成立する法律行為です。事例のように前者も後者もそのようなものであれば贈与税の対象でしょうが、通常は同じ暦年内での何らかの金銭貸借とその返済があったと考える方が妥当と考えます。

早い返答ありがとうございます。両者の意思というのが重要であることが非常にわかりやすく助かりました!

本投稿は、2020年08月01日 18時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
48,778
直近30日 相談数
1,201
直近30日 税理士回答数
2,153