税理士ドットコム - [生前対策]父が持つ自宅兼店舗を息子の名義に変更したい場合、どんな手続きを取ればよいのでしょうか - お父様が健在のうちに建物の名義を変える場合には...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 父が持つ自宅兼店舗を息子の名義に変更したい場合、どんな手続きを取ればよいのでしょうか

父が持つ自宅兼店舗を息子の名義に変更したい場合、どんな手続きを取ればよいのでしょうか

父親(70代)が自宅兼店舗で自営業をしているのですが、近い将来、私(息子30代)が引き継いで別なお店を始めるつもりです。
そのため父が存命中に名義変更したいと考えております。
お聞きしたいことは以下のとおりです。

1.父が存命中に自宅兼店舗の名義変更をしたい場合、どのような手続きを取ればよいのでしょうか。
2.一般的に費用等はどの程度見込まれるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

税理士の回答

お父様が健在のうちに建物の名義を変える場合には、「売買」か「贈与」で名義変更を行うことになります。
「売買」の場合には建物代金(適正時価)をお父様に支払って名義を移すことになります。
売買代金の支払いがない場合には「贈与」で名義を移すことになりますが、この場合には相談者様に贈与税がかかりますのでご注意ください。
名義を変えるときの費用としては、登記費用(登録免許税と司法書士の手数料)が生じます。金額に関しては建物の評価額によって異なります(十数万程度はかかると思われます。)。
宜しくお願いします。

ありがとうございました。
父がお店を真面目に営業せず、遊び歩いているので、私が代わりに店をやりたいと思っています。
父とは衝突するでしょうが、売買か贈与の話をしていきます。
大変参考になりました。

ご連絡ありがとうございます。
贈与の方法の一つに「相続時精算課税制度」の特例があります。この特例を使った場合には2500万円の特別控除がありますので、物件の評価額が2500万円以下であれば贈与時の贈与税は回避することができます。
但し、将来の相続の時点で相続税で精算することになりますので、実行の際は事前に専門家にメリット・デメリットをご確認の上、実行するようにしてください。
宜しくお願いします。

本投稿は、2018年02月04日 16時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 自営業の事業者の変更か廃業して新規にするか

    父が事業者で自営業をしています。体も弱ってきたので私に継いで欲しいと言われましたが、事業者を変更すると贈与税がかかると知りあいに言われました。それなら廃業して新...
    税理士回答数:  1
    2017年04月18日 投稿
  • 自宅兼店舗の仕訳について

    中古住宅を購入し、自宅兼店舗(1階店舗・2階自宅)へ改築して夫婦で飲食店を始めました。 青色申告をする予定ですが、一連の仕訳について確認させていただきたいです...
    税理士回答数:  1
    2015年02月18日 投稿
  • 父親から息子とその妻への生前贈与

    はじめまして。ご相談させて頂きたく存じます。 暦年贈与について、私の父親から私、及び私の妻に対し、それぞれ年間110万円ずつ(合計220万円)生前贈与する場合...
    税理士回答数:  1
    2017年03月18日 投稿
  • 自営業で賃貸マンションに引っ越す場合の審査

    自営業でマンションを借りるのに、審査が通るか知りたいです。 私は、2017年6月から自営業(エステサロン)をしています。 現在も賃貸マンションに住ん...
    税理士回答数:  1
    2018年01月04日 投稿
  • 自営業の雑所得について。

    現在自営業(赤字)をしています。 12月に雑所得で1万の収入が得られた場合は申告が必要なのでしょうか? 20万以下だったら必要ないと思っていたのですが...
    税理士回答数:  1
    2017年12月24日 投稿

生前対策に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,668
直近30日 相談数
1,216
直近30日 税理士回答数
2,452