税理士ドットコム - [相続財産]相続した株の配当金の税金の扱いについて - ●相続の日(父上様がなくなった日)が配当基準日前...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 相続した株の配当金の税金の扱いについて

相続した株の配当金の税金の扱いについて

2月に父が亡くなり、3月25日に株の相続の手続きをしました。
その際、3月末基準の配当金が6月に父の名前で出るということでしたが(3月末までに手続きが間に合わないということで)この配当金は、相続税の対象ですか。私の所得税ですか。

税理士の回答

●相続の日(父上様がなくなった日)が配当基準日前ということですので、相続人(質問者様)の配当所得となります。⇒質問者様の所得税の対象
●ちなみに相続の日が配当基準日と配当確定日の間の場合は相続財産、配当基準日の後の場合は被相続人の配当所得となります。

本投稿は、2019年04月17日 17時04分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
31,062
直近30日 相談数
1,145
直近30日 税理士回答数
1,980