税理士ドットコム - [相続財産]固定資産税評価額以下の土地の購入価格について - 相談者様 税理士の天尾です。> もし、固定資産税評...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 固定資産税評価額以下の土地の購入価格について

固定資産税評価額以下の土地の購入価格について

親族から相続対象の土地の購入を考えています。
その土地には他人の抵当権が付いています。親族から相続権を譲り受けるためにも私がその土地を購入する事にしました。

そこで、その土地を購入する目安として固定資産税評価額を参考にしようかと思っています。ただ、固定資産税評価額が高過ぎてその価格と同額で土地を購入すると、購入してまで相続権を譲り受ける意味もなくなります。

もし、固定資産税評価額以下の金額で売買した場合、その後購入者である私に何か税務上の不利益が起きることはあるのでしょうか?

基本的に土地の売買価格は売り手と買い手の合意できまるので、問題はないかと思っています。

ご教示頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

相談者様 税理士の天尾です。

もし、固定資産税評価額以下の金額で売買した場合、その後購入者である私に何か税務上の不利益が起きることはあるのでしょうか?



こちらについては固定資産税以上ならOK以下ならNGという決まりではないですので、あくまで目安で皆さん仰られてるだけです。
一般に
固定資産評価額<相続税評価額<時価(売買実勢価格)
となってますので
固定資産税で売買しても時価との差額が大きければ問題ありになるかもしれません。
個人間の売買ですと「みなし贈与」の規定に引っかかるかもしれません。
簡単には時価より低すぎる売買の場合は
その差額を贈与でもらったことにする
というものです。
裁判にもなるケースなのでお気をつけください。

これもケースバイケースで何割ならOKというものではありません。
ただ、「みなし贈与」を税務署に指摘されるとかなり厄介だと思います。

天尾先生

ご教示頂き誠にありがとうございました。
みなし贈与と見做されるリスクがあるのですね。勉強になりました。
ありがとうございました。

本投稿は、2019年08月18日 11時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,808
直近30日 相談数
1,195
直近30日 税理士回答数
2,126