税理士ドットコム - [相続税]死亡保険の税金の種類と支払い方法 - ご愁傷様です。さて、会社としては資金源泉が保険...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 死亡保険の税金の種類と支払い方法

相続税

 投稿

死亡保険の税金の種類と支払い方法

弟が今年の3月に仕事中の怪我がきっかけで入院し、急変して亡くなりました。弟個人では保険には入っていませんでしたが、会社の方でスタッフに保険をかけていた為、その死亡保険が適用することになりました。会社が入っていた保険で、弟自身が契約していた訳ではありませんでした。なので、会社と保険会社がやりとりをし、父が必要な書類にサインをして、会社から死亡保険金が振り込まれます。この場合、受取人が支払わないけない税金はどうなりますか?また支払い方法はどうしたらいいですか?受取人は姉である私でも、法定相続人の親どちらでも会社的にはいいそうですが、この場合、どちらがいいのでしょうか?税金支払額を少なくするのはどちらがいいとかありますか?(ちなみに私は収入があり、親も年金と別の収入があります。)

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

ご愁傷様です。

さて、会社としては資金源泉が保険金であっても、退職金、或いは、弔慰金として支給することになります。
ですので、受領したものは相続税申告の対象となる相続財産となります。

相続税申告が必要であれば誰が受領するか影響しますが、相続税申告が不要であれば、特に税負担は生じませんので法定相続人の方が受け取るのが通例ですので、法定相続人以外の方が受け取る場合、どういった論点が生じるのか例外的な取り扱いについて、即答するには落とし穴がある恐れがあります。

お父様が受領するのが自然かつ、税務的な論点の検討も不要になりますので、お父様が受領されてはいかがでしょうか。

他、相続税申告要否を検討する際、非課税規定等ありますので、3000万+600万×法定相続人の人数を超える場合、そちらもご確認ください。

①死亡により会社から支払われる金額は、死亡退職金になります。
②相続税は、3千万円+法定相続人×6百万円の基礎控除があります。
③かつ、死亡退職金は、別枠で5百万円×法定相続人の非課税があります。
④法定相続人及び法定相続分
 第一順位 配偶者 1/2   子  1/2
 第二順位 配偶者 2/3 父母  1/3
 第三順位 配偶者 3/4 兄弟姉妹 1/4
⑤仮に、弟さんが、独身で、お父さん、お母さん、貴方が相続人の場合、
 相続税の基礎控除 3千万円+6百万円×3=4千8百万円の非課税
 別枠として、死亡退職金 5百万円×3=1千5百万円の非課税
⑥法定相続人間であれば、会社に受取人を指定できます。(会社側で支払う順位が決められている場合もあります。)
⑦相続税の非課税の範囲であれば、誰が受け取られても相続税は発生しません。


支払われる保険金は1300万円ぐらいで、弟は独身でしたので法廷相続人は父と母になるかとは思います(ちなみに、姉(私)と兄が家族としてはいます)。この場合は相続人の人数は父と母の2人になりますか?
また、弟の貯金残高などいろいろ入れて、保険金を入れても計2000万円もいきません(多分約1500万円前後かと)。
この場合、保険金1300万円の振込先は姉である私でも相続税はかからないですか?それとも父の方がいいですか?
弟の会社との連絡を取り合っているのが私(姉)なので、会社から私の方に振り込みしてもいいかと言われまして。弟の相続財産が3000万円以下にはなるので、この場合は非課税になるのであれば特に申告などはしなくていいということでしょうか?

税理士ドットコム退会済み税理士

法定相続人は2名ですね。父であれば、相続税がかからないことが確定します。
姉の場合、法定相続人からの贈与となるのか、そもそも受領権限があるのかについて、極めて稀なケースになるため、慎重な検討が必要かと存じます。

贈与税となれば、申告は必要となります。

その受領権限があるかどうかというのは、どこで確認できますか?
会社が保険会社とどういうやりとりをしたかということでしょうか?会社から送られてきた保険会社の書類には父の名前を書きました。会社に確認するとしたら、どのようなことを聞いたらいいですか?

税理士ドットコム退会済み税理士

保険とは関係しません。
あくまで、会社が退職金を誰に払うかです。
就業規則等にあるのか、取締役会、或いは、総会議事録で決めれば民法上は受領できますが、税務上の判断はまた別です。規定に法定相続人の方が受領することになっていれば、民法上の受領権限も無いと思います。

前例も恐らく無いと思います。ですので、保守的には贈与税申告されても良いかもしれません。その上で、遺贈と看做し、法定相続人では無いが遺産分割と看做すことができるのか、判然としません。

これらは、最寄りの税理士の方に申告書の作成等依頼しても、グレーな部分が残り、仮に贈与税申告が必要であれば、高率の負担が生じます。

踏まえて、父が取得するのが無難です。

父の方に振り込みしてもらえば、相続税はかからない範囲になりますよね。申告は必要ないですよね?
この場合、父に1300万円振り込まれたら、母は1/2受け取る権利があると思いますが、母の口座に半分を振り込めばいいのでしょうか?そのまま、父の口座のまま全額入れたままでいいのでしょうか?

税理士ドットコム退会済み税理士

受領者は会社が決めた割合で。法定相続割合に縛られません。
父に、とするのであれば、母にする必要はありません。母に受領する権利はありませんので。
会社が法定相続人に、法定相続割合で受領させると決めていれば別ですが。

シンプルに父に全額と会社に決めてもらい、父の口座に。
遺産分割協議書を作っても作らなくても、相続税申告は不要です。

いろいろとありがとうございました。
税金の支払いが高額になるのかと不安がありまして。
お忙しい中お手数おかけしました。助かりました。ありがとうございました。

すみません。またひとつ確認したいのですが。
先ほど、会社に連絡したところ、振り込みが来週の月曜日に手続きしてしまい、振り込み口座変更が間に合わないと言われました。会社の担当税理士さんにも確認して頂いたようで、一度私の口座に入った保険金全額を、私から父の口座に移せば(振り込む)問題ないと言われました。この場合、その弟の死亡保険金は父に相続されたことになり、3000万円以下なので相続税もかからないと。これで、大丈夫ですか?(ちなみに、私の口座に入れたままだと贈与税がかかることになるらしいです)

税理士ドットコム退会済み税理士

会社への依頼は、父が受取人とされたのですね。
であれば、父が相続、そこから姉に贈与したことになると解されたのでしょうね。

ただ、口座においても単に名義預金となるだけで、父→姉に贈与とすぐなるわけではありません。使ってしまうといけませんが。
これらの説明は省略し、使ってしまうことを避けるために、父の口座に、という説明をされたのでしょう。

会社への依頼が、姉が受取人。
この場合は、グレーですので、あいまいな回答になるはずですので。

もし、税務署からチェックが入ったら、その保険金の振込(私から父の口座に)した証明(通帳か銀行の振込依頼書などのコピーなど)を提出すればいいのでしょうか?父に相続したということになりますか?(贈与税がかからないようにしたいのですが、、、)
振り込まれる予定の月曜日にすぐに手続きはするつもりです。

税理士ドットコム退会済み税理士

通帳のコピーを取っておいてメモを残しておけば万全です。ただ、振込されますし、使わなければ、贈与も成立していませんし、特に心配する必要もありません。

本投稿は、2018年07月12日 23時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
16,680
直近30日 相談数
815
直近30日 税理士回答数
1,282

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら