海外在住者の相続税の納税場所 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 海外在住者の相続税の納税場所

海外在住者の相続税の納税場所

仏国在住25年です。数ヶ月前日本に住む父がなくなりました。

相続税は日本で代理人を立て日本の税務署に納税すると聞いていますが、日本に口座がないため、後に相続を仏に送金する予定です。

このような場合、仏でも相続税や所得税のような税金を支払うのでしょうか?
また、申告もしますか?


税理士の回答

相続人の人数や財産状況にもよりますが、相続税が発生するような状況であれば納税管理人の届出をして申告・納税を行います。
申告期限は相続開始を知った日の翌日から10カ月以内です。

フランスの税制はわかりませんが恐らく申告は必要です。
ただし、国際間での二重課税を防止するため、外国税額控除というのが通常はありますので、日本で納付した相続税の一定額はフランスでの相続税から控除することができるはずです。

どうもありがとうございます。
よくわかりました。
外国税額控除というのがあるとわかり、安心しました。
仏の税務署に問い合わせてみたいと思います。

本投稿は、2019年10月09日 19時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,239
直近30日 相談数
1,312
直近30日 税理士回答数
2,236