税理士ドットコム - [会計ソフト]請求書金額と入金額が異なる場合の記録に関して - 私の分かる範囲で記載させて頂きます参考になれば...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 会計ソフト
  4. 請求書金額と入金額が異なる場合の記録に関して

請求書金額と入金額が異なる場合の記録に関して

フリーランスでライターをしています。
とある取引先なのですが、請求内容と入金額が異なっており、どのように会計ソフトに入力すべきか困っています。

1、単価と本数で請求金額が決まり(金額A)、消費税をプラスして請求書を発行(金額B)
2、取引先は(金額A)を元に源泉徴収分をプラスした金額(金額C)を支払金額として決済し、(金額A)を入金してくる

取引先が、個人事業主の場合は消費税じゃなくて源泉徴収だろ!と厳密にやっているためこうなるのですが…。
一般の取引であれば、(金額B)を売掛金として、源泉徴収後の入金額を売掛金回収と源泉徴収分として記録するかと思いますが、今回のケースでは請求書にない金額(金額C)が作成されてしまい、売掛金との辻褄が合いません。このような取引を会計ソフトに入力する際、どのようにすれば良いのでしょうか?
請求書を帳簿上は無かったものとして、請求書なしの取引とする手もあるかと思いますが、そうなると作業をした発生月と、入金の月が異なることになり、それもどうかという気もします。

税理士の回答


私の分かる範囲で記載させて頂きます
参考になれば幸いです

まず質問の不明点について
2、取引先は(金額A)を元に源泉徴収分をプラスした金額(金額C)を支払金額として決済し、(金額A)を入金してくる


と書かれていますが、源泉徴収税額はマイナスして支払いますので、プラスとなることはないのですが?

1、単価と本数で請求金額が決まり(金額A)、消費税をプラスして請求書を発行(金額B)


の場合の一般的な支払金額等について

金額A-金額Aに対する源泉徴収税額10.21%(金額E)+金額Aに対する消費税額=支払金額D

この場合の仕訳(あなたが免税事業者として)
① 請求時
 売掛金 金額C  売上 金額C
② 振込時
   普通預金  金額D  売掛金 金額C
   仮払源泉税 金額E
  (又は事業主貸)

こんな感じなのですが
尚、質問の理解が間違っていましたらご容赦ください。
では、参考までに

本投稿は、2018年01月03日 17時32分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

会計ソフトに関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,198
直近30日 税理士回答数
2,096