[給与計算]給与所得と個人所得の税の違い - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 給与計算
  4. 給与所得と個人所得の税の違い

給与所得と個人所得の税の違い

25万円を給与として受け取る税とそのほかの収入として受け取る税の額の違い(会社の負担分も含む)を教えてください。

税理士の回答

給与として受け取る場合には、少なくとも所得税と社会保険料がかかりますが(住民税と労働保険については無視します。)、給与25万円の場合には社会保険料が年間908,000円及び年間80,000円(ともに概算)となります。
一方、そのほかの収入とした場合には所得税が202,500円かかり、その他に前年の所得により計算される国民健康保険料等の費用もかかることになります。
質問から読み取れる情報が少ないので、以上になります。

本投稿は、2015年06月16日 08時29分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

給与計算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,698
直近30日 相談数
1,200
直近30日 税理士回答数
2,414