税理士ドットコム - [給与計算]賞与に係る源泉徴収 過誤納の対応 - 回答します。 従業員への対応はどちらの方法でも大...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 給与計算
  4. 賞与に係る源泉徴収 過誤納の対応

賞与に係る源泉徴収 過誤納の対応

先月に賞与を支給しました。
その際の源泉徴収額が過少だったことが分かりましたので、納付書に追加納付額を記載して納付する予定です。

従業員に対しては、返金してもらうor今月の給与手取額から差し引く、という2つの方法を考えていますが、どちらで対応しても税務的に問題ないでしょうか。

税理士の回答

  回答します。

  従業員への対応はどちらの方法でも大丈夫です。
 
  納付に関しては、従業員からの徴収に関わらず、早急に納税するようにお願いいたします。
  
 なお、その際には
  立替金 / 現預金  適用に 〇月賞与納付不足分とし

 従業員から返金等を受けたときに
  現預金 / 預り金(※) 適用に 〇月分賞与預り金不足分(集金)
  預り金 / 立替金    適用に 賞与納付 ○月〇日立替分  などのように仕訳をします。

  ※従業員から、不足分を回収(預かった)したことを明らかにするために、預り金勘定を相殺せずに「現預金 / 預り金」 の仕訳をした方がよろしいかと思います。

早速ありがとうございます。
該当する社員は年末調整の対象となる者ではなく、確定申告を要する社員なのですが、この場合には確定申告で調整することも可能なのでしょうか。

回答します

 源泉徴収すべき所得税は、確定申告に有無にかかわらず正しくされる必要があります。
 不足分は納税したうえで、正しい金額で、源泉徴収票の作成をお願いします。

承知しました。
ご回答ありがとうございました。

  少しでもお役に立てましたら幸甚です。

本投稿は、2021年11月25日 15時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

給与計算に関する相談一覧

分野

給与計算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
74,198
直近30日 相談数
1,522
直近30日 税理士回答数
2,455