税理士ドットコム - [減価償却]所有移転ファイナンス・リースの会計処理について - 支払った金額とその年に費用計上する金額が異なっ...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 減価償却
  4. 所有移転ファイナンス・リースの会計処理について

所有移転ファイナンス・リースの会計処理について

所有移転ファイナンス・リースの計上金額、減価償却についての質問です。私の考え方が誤っていないかの確認をお願いしたいです。
29年度の6月に契約開始の所有移転ファイナンス・リースがあります。(契約書にリース期間終了後に譲渡価格を支払うことにより、その資産はこちらに完全に移るとあることにより所有移転と判断)
■条件
リース会社の取得価格 100万円
リース期間に払う金額 90万円
譲渡価格 10万円
リース期間 5年
法定耐用年数 6年
通常固定資産の残存価格は備忘価額の1円
リース支払いは9月末、3月末の2回

■仕訳
①リース開始時
リース資産 100万 / リース債務 100万

②9月末支払い(支払利息は省きます)
リース債務 6万 / 預金 6万
3月末支払い
リース債務 9万/ 預金 9万

③決算処理(法定耐用年数、備忘価額1円)
減価償却費 138,888/ 減価償却累計額 138,888

私の考え方ですと、支払った金額とその年に費用計上する金額が異なってしまいます。
また耐用年数とリース期間が異なっていたり、その際にはどちらの期間で減価償却していくのか……。
ただいま決算処理をしているのですが、その際に気が付き、慌てております。
お知恵をお借りできればと思います。よろしくお願いします。

税理士の回答

支払った金額とその年に費用計上する金額が異なってしまいます。
⇒これは問題ありません。所有権移転ファイナンスリースの場合、減価償却は通常の固定資産と同様の耐用年数で処理しますが、リース債務はリース期間で0になるよう処理します。
①の仕訳⇒あっております。
②の仕訳⇒年間の支払いが15万で、5年分で75万ですが、あっておりますでしょうか?リース支払利息が15万ということでしょうか?
③の仕訳⇒あっております。
②をご確認いただき問題なければ、他はあっております。決算頑張って下さい。追加でご不明点がございましいたらご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは
所有権移転ファイナンスリースはお金を借りて自分で資産を購入したのと同じ取引ですので、減価償却は購入した資産として行うため年間で支払うリース料と減価償却費は必ずしも合致しません。
簡単にいうとリース債務の支払いは借入金の返済で、減価償却はリース資産の償却という考え方です。
⓵、⓶の仕訳は合っていますが、⓷は償却方法と償却月数が分かりませんので、定額法の場合は償却率0.167、定率法の場合は償却率0.333でリース資産100万円を月数/12で減価償却する必要があります。

南先生、前田先生、分かり辛い文章にも関わらずご回答くださいまして、ありがとうございました。ご回答の中で誤った点と加えて質問したいことがございます。
お時間あられればご回答いただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

南先生
②支払ですが、よくよく確認してみますとリース期間は5年間(29年6月1日~34年5月31日まで)ですが、支払い期間は34年9月末までで計11回で支払うようになっておりました。1回目支払いは6月開始と使用期間が短いので6万円、2回~10回は各9万円(81万円)、最終11回目に残りの3万円を支払うイメージで計算しております。
利息は別に支払利息の科目で支出いたします。

前田先生
③減価償却の計算が誤っておりました。
1年目の減価償却(定額法、6月開始で10月間)は
減価償却費 139,166/ 減価償却累計額 139,166
2年目以降
減価償却費 167,000/ 減価償却累計額 167,000
最終年
減価償却費 25,833/ 減価償却累計額 25,833

追加質問
リース期間が終了後、リース会社が取得に支払った金額の10パーセントを支払って買い取る契約なのですが、その時の仕訳は
リース債務 100,000/預金 100,000
と併せて、
購入固定資産科目 1,000,000/リース資産
の振替を行えばよいのでしょうか。

ご連絡ありがとうございます。
支払総額が90万円でリース債務が100万円ですので、リース期間満了時に10万円がリース債務に残りますから、追加質問の通りでよろしかと存じます。
また、リース資産から固定資産への振替も減価償却を間接法でされておられるようですので、ご記載の通りでよろしいかと思います。

リース期間は5年間(29年6月1日~34年5月31日まで)ですが、支払い期間は34年9月末までで計11回で支払うようになっておりました
⇒珍しい契約ですね。基本的にリース契約だとリース期間とリース支払い期間は一致するのですが、リース会社によってはあるのかもしれません。

所有権移転ファイナンスリースの減価償却は、リース期間定額法ではなく、通常の固定資産と同様の計算方法ですので、訂正後の金額ですね。失礼いたしました。

追加質問について
支払いの際の仕訳はご相談者様の認識の通りで問題ございません。
またリース資産から対応する固定資産科目への振替で大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします。

前田先生、南先生
最後まで丁寧にご対応いただき、誠にありがとうございました。
まだ決算作業続きますが、ご回答くださいました内容を参考に作業継続していきたいと思います。
今回は本当にありがとうございました。

ご連絡ありがとうございます。
決算大変だと思いますが頑張ってください!

本投稿は、2018年05月02日 02時02分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

減価償却に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,214
直近30日 相談数
1,026
直近30日 税理士回答数
1,929