税理士ドットコム - [勘定科目]割り勘の会食代、まとめて払った場合の仕訳について - お金を一時的に立て替えたという事で「立替金」と...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 割り勘の会食代、まとめて払った場合の仕訳について

割り勘の会食代、まとめて払った場合の仕訳について

お世話になります。
先日取引先相手との飲み会があり、代金は割り勘となりました。
私が参加メンバーの代金をその場で現金でまとめて預かり、私がカードで支払を行いました。
その時に預かった現金の仕訳がわからずこまっています。

シチュエーションとしては以下のような感じです。
・メンバー3人
・飲食合計費18000円を事業用カードで3人分まとめて支払い(一人当たり6000円)
・自分以外の2人代金、12000円を現金で預かり、預金口座で保管中

そして、今のところは以下のように仕訳を行っております。
  接待交通費 6000 / 未払金 18000 (自分の代金、カード)
  立替金   12000 /         (他のメンバーの代金)

【カード引き落とし時の仕訳】
  未払金 18000 / 普通預金 6000
         / 立替金 12000

立替金という勘定科目が適切なのでしょうか。
アドバイスをお願いします。

税理士の回答

お金を一時的に立て替えたという事で「立替金」という勘定科目を使用していただければ思います。

ありがとうございました。上述で問題ないようですのでそのように処理したいと思います。

本投稿は、2019年08月14日 18時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,673
直近30日 相談数
1,081
直近30日 税理士回答数
2,167