税理士ドットコム - [勘定科目]一人会社の社会保険料の仕訳(法定福利費?) - こんばんは。社会保険料の会社負担分は法定福利費...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 一人会社の社会保険料の仕訳(法定福利費?)

勘定科目

 投稿

一人会社の社会保険料の仕訳(法定福利費?)

従業員がいない、代表一人の株式会社で、
代表の保険料や年金などの社会保険料を支払ったときは「法定福利費」で良いのでしょうか?

また、従業員がいないので、
いわゆる一般的な福利厚生(ランチ代補助、社員旅行、社内のお茶やコーヒー代)は、
認められないということでよろしいでしょうか?

税理士の回答

こんばんは。

社会保険料の会社負担分は法定福利費で問題ありません。

また、1人会社の福利厚生費は役員給与との区別が付きづらいため、認められにくいのが現状です。

・ランチ代補助、社員旅行 ⇒ 役員給与が妥当だと思います
・社内のお茶やコーヒー代 ⇒ 来客用であれば消耗品費でよろしいかと思います。

冨田先生こんばんは!
詳細にわかりやすく教示くださいましてありがとうございました!
よく理解ができました!

本投稿は、2017年08月09日 15時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
13,474
直近30日 相談数
628
直近30日 税理士回答数
1,679

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら