税理士ドットコム - [経理・決算]期末棚卸資産の計上方法について - こんにちは。1.仕入れにかかる手数料や送料は支...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 期末棚卸資産の計上方法について

期末棚卸資産の計上方法について

個人事業主(小売業)青色申告です。


1. 複数商品を仕入れた場合の手数料や送料は「個数÷手数料(または送料)」の計算で問題ないでしょうか?

2. 最終原価仕入法にて、同日に同商品を他社より異なる値段で仕入れた場合、計算はどのようにするべきでしょうか?

2. 万が一、過去分に記入漏れや記入ミスがあった場合、少額であれば今期分として計上することは問題ないでしょうか?


ご回答宜しくお願い致します。

税理士の回答

こんにちは。
1.仕入れにかかる手数料や送料は支払手数料として一括で必要経費として差し支えないと思います。
2.最終仕入単価とはより12/31に近いものをいいます。同日に仕入れたものが最終ということであれば、請求書日が遅いほうや着荷時点がより遅かったほうの単価を使用するといいと思います。なお、仰っている単価にかなり差がある場合は大きいほうの単価を使用するとよいと思います。
(注:必要経費が過大とならないよう保守的に計上するということです)
3.過去の修正は原則として修正申告もしくは更正の請求を行います。
特に、売上の計上漏れや経費の過大計上の場合は当期の確定申告に織り込むのではなく、修正申告を行うようにしてください。なお、過去の売上を過大に計上していたもしくは過去の経費に漏れがあったようなケースは更正の請求となりますが、還付を受けるにはそれなりの証拠が必要ですので、帳簿や請求書、領収書等の整備はきっちりと行っておくようにしてください。
以上、ご参考までにお願いいたします。

ありがとうございます。


1.こちら送料の場合ですと、個数分と割って「商品代に含める」もしくは「荷造り運賃」の科目がありますのでこちらにするのは問題となりますでしょうか?

2.通常は最終原価仕入法を選択しておりますが、最終が同日購入となった場合のみ、それぞれの価格を合計した額÷個数として単価を算出することは間違いに当たりますでしょうか?

3.期末棚卸資産の内容に誤りがあり、12月末時点での在庫に少額の記入漏れがあった場合はどうなりますでしょうか?
(単価3000円程の仕入商品1点です)
このような少額であれば当期に織り込みでも問題はありませんか?
また、問題ないのであればいくらまでが許容範囲内とされているのでしょうか。
(過大や過小の基準とされる額)


説明会やネット検索等もしておりますが、仕訳や計上のやり方にもそれぞれ違ったご説明を頂きます。
どれも納得のいくものですが、それ故にどのやり方を選べばいいか判断できない状況です。
ですので、上記に記しましたやり方で申告することは、今後何か問題が発生する程の間違いに該当しますでしょうか?

1.荷造運賃に送料はまとめて経費計上で問題ないと思います。
2.同日ですと請求書日が遅い方やより着荷時刻が遅かった方など根拠となる証憑で単価が確認できればそれでいいと思います。迷うときは単価の大きい方に数量を乗じるとよいと思います。要は売上原価が過大にならなければよいということです。
3.原則として、在庫の期間帰属はきっちりと行ってください。
少額であればいいという方もいるかもしれませんが、何をもって少額といえるのか、そのような基準はありませんので。

以上、よろしくお願いいたします。

お返事ありがとうございます。

ご回答頂いた内容を参考に処理を行いたいと思います。

ご丁寧にありがとうございました。

本投稿は、2018年03月07日 12時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,387
直近30日 相談数
1,261
直近30日 税理士回答数
2,224