税理士ドットコム - [経理・決算]自宅を事務所にしている法人で、どの程度自家用車を使用していれば、社用車として認められるのか - 会社の経費とする事は可能です。ただルールを決め...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 自宅を事務所にしている法人で、どの程度自家用車を使用していれば、社用車として認められるのか

自宅を事務所にしている法人で、どの程度自家用車を使用していれば、社用車として認められるのか

自宅マンションを登記・事務所に使い、社長(自分)のみの零細(年商600万程度)IT会社を営んでいます。自宅で外注作業者との打ち合わせ、自社サーバー運営、プログラミングなどをしています。
B2Bの受託開発がメインで、都内ですが、駅から離れているため取引先に打ち合わせや現地作業で行く時は、相手の場所によっては電車ではなく車を使います。自宅で打ち合わせをする時も参加者を駅まで送迎したりします。
頻度が低かったため、これまではガソリン代や維持費を経費に入れていませんでしたが、前期あたりから使用頻度が増えてきたので、社用車扱いできないかと考え始めました。
現在の使用頻度は週1~2回ですが、どの程度の必要性があれば社の経費として認められるのでしょうか。また、どこまで認められるのでしょうか。私用でも使っているので、全部は無理だけど例えば燃料費の50%は認められたりするのでしょうか?車検や修理代はどうでしょうか?車の名義を社に移すべきでしょうか?車の市場価値としては50万円以下だと思います。今期は想定以上に利益が出てしまい、節税のため社の費用にできるならできる限りしたい状況です。一般的なアドバイスをいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

税理士の回答

会社の経費とする事は可能です。
ただルールを決めておかないと、トラブルの元になります。
幾つか方法はありますが、簡単なのは、
例えば、会社から個人に対して、毎月定額の使用料を支払う方法です。年間の車関係の総支出のうち、社用で何割くらい使ったかをおおよそ見積もり、その月割り金額を毎月会社が払うわけです。見積り範囲内であれば、受取った個人にも利益は出ない為、税金はかかりません。

回答ありがとうございました。検討してみます。

本投稿は、2016年03月06日 05時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,841
直近30日 相談数
1,187
直近30日 税理士回答数
2,095