[会社設立]不動産投資の開業日について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 不動産投資の開業日について

不動産投資の開業日について

初めて投資不動産を入手して、家賃収入を得るための個人事業主の開業日について

① 不動産取得日
(契約日又は登記完了日もしくは引渡し日が明確であれば引渡し日)
→この場合、入手不動産の修繕を目的としたリフォームを行う場合は全額当該年度の費用処理になるかと思います。

②客付けが可能となった日
(入居募集開始日)
→この場合、資産性のない上記のリフォーム費用等、不動産の売買経費部分は開業費として、いつでも任意償却ができるという理解です。

インターネット上で情報を得る中で、幾つかの説がありましたのでこちらでご質問させて頂きました。よろしくお願いします。

税理士の回答

②ではありません。
ある意味契約日です。
① 不動産取得日
(契約日又は登記完了日もしくは引渡し日が明確であれば引渡し日)
→この場合、入手不動産の修繕を目的としたリフォームを行う場合は全額当該年度の費用処理になるかと思います。

そのようにはならない・・・不動産の取得価格に+です。
②客付けが可能となった日
(入居募集開始日)
→この場合、資産性のない上記のリフォーム費用等、不動産の売買経費部分は開業費として、いつでも任意償却ができるという理解です。

このばあいでも、上記と同じで、任意償却はできない。

竹中様

ご回答ありがとうございます。
契約日から開業として、引渡し後のリフォーム費用は不動産資産に計上。
減価償却の開始が募集を行ったタイミング。
そのような理解でしょうか。

よろしくお願いします。

契約日から開業として、引渡し後のリフォーム費用は不動産資産に計上。
減価償却の開始が募集を行ったタイミング。
そのような理解でしょうか。
その理解でよいです。

本投稿は、2022年05月20日 12時59分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

会社設立に関する相談一覧

分野

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,144
直近30日 相談数
1,352
直近30日 税理士回答数
2,344