[配偶者控除]障害年金受給と扶養について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 障害年金受給と扶養について

障害年金受給と扶養について

私は、公務員の夫(合計所得金額1,000万以下)の扶養に入っている状態で、
持病があるため、障害共済年金を年間669,460円いただいてます。
そして株を保有しており、配当金収入が年間約30万円ほどあります。
それ以外に現在、私個人の収入はありません。

そこで、私が旦那の扶養から外れないように、また配偶者特別控除を
受けられなくならないようにパートやアルバイトをする場合、
大体いくらまでなら稼ぐことができるのか教えていただきたいです。

税理士の回答

障害共済年金は所得税法上非課税となっています。

平成30年より配偶者特別控除額の改定があり、奥様の収入が2,016,000円未満まででしたら、ご主人は配偶者特別控除を受けることができます。ご主人の所得が900万円以下で奥様の収入が150万以下ですと満額の38万円の控除額となります。

配当所得は、上場株式の配当ですと申告不要を選択することも可能ですが、現在、他に収入がないということですので、申告をして源泉還付を受けてらっしゃると察します。
(非上場株式の配当は申告が必要です)

奥様の収入が103万円以下で配偶者控除、150万円までは配偶者控除と同額の配偶者特別控除を受けることができます。

よって給与収入が73万、配当収入が30万円で配偶者控除
給与収入が120万、配当収入が30万で配偶者特別控除(38万円)
を受けることができます。

注意すべきはこれは、あくまでも所得税法上の取扱いであって、ご主人が公務員とのことですので、共済組合保険の扶養認定は障害共済年金も含まれます。
通常収入130万までですが、ご質問者様が「障害者」ということですので、収入180万円まで扶養となることができます。

扶養の認定は所得税法上と組合保険上と規定が異なりますのでご注意ください。

本投稿は、2018年11月01日 16時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,737
直近30日 相談数
1,192
直近30日 税理士回答数
2,397